黒木華、“モノノフ"にタジタジ…「ももクロのみんなは愛されている」

最新ニュース

黒木華&「ももいろクローバーZ」(百田夏菜子&玉井詩織&高城れに&有安杏果&佐々木彩夏)/映画『幕が上がる』初日舞台挨拶
  • 黒木華&「ももいろクローバーZ」(百田夏菜子&玉井詩織&高城れに&有安杏果&佐々木彩夏)/映画『幕が上がる』初日舞台挨拶
  • 百田夏菜子(ももいろクローバーZ)/主演映画『幕が上がる』初日舞台挨拶
  • 玉井詩織(ももいろクローバーZ)/主演映画『幕が上がる』初日舞台挨拶
  • 有安杏果(ももいろクローバーZ)/主演映画『幕が上がる』初日舞台挨拶
  • 高城れに(ももいろクローバーZ)/主演映画『幕が上がる』初日舞台挨拶
  • 佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)/主演映画『幕が上がる』初日舞台挨拶
  • モノノフの観客たち/主演映画『幕が上がる』初日舞台挨拶
  • 黒木華/映画『幕が上がる』初日舞台挨拶
人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が映画初主演を果たした青春映画『幕が上がる』の初日舞台挨拶が2月28日(土)、都内で行われ、メンバーの百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏を始め、共演する志賀廣太郎、黒木華らが登壇した。

劇作家・平田オリザが2012年に発表した処女小説を、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が映画化し、演劇に青春をかける少女たちの汗と涙の日々を描いた。映画館には“モノノフ”と呼ばれる熱心なももクロファンが多数駆けつけ、コンサートばりの盛り上がりを見せた。

その熱気に、演技部顧問を演じた黒木さんは「おぉ…」とタジタジ。「(本作の)舞台挨拶に初めて参加しましたが、こういうことになっているんですね。ももクロのみんなは愛されているのが分かりますね」と圧倒された様子だった。

黒木さんといえば、前日の2月27日(金)に行われた第38回日本アカデミー賞で見事、最優秀助演女優賞(『小さいおうち』)を受賞したばかり。百田さんが「黒木さんと共演させていただき、本当に光栄。ぜひあやかりたい!」と祝福すると、それに乗じて高城さんは「この映画でぜひ日本アカデミー賞の新人賞を取りたい。会場のレッドカーペットを5色にする」と宣言した。

これに対して、本広監督は「本当にお芝居を頑張ったし、イケると思うよ。本当に受賞したら笑えるけど」と辛口エール。黒木さんは「現場は結構な緊張感だよ…」と“5色カーペット”に難色を示していた。

この日は本作のメイキングドキュメンタリー『幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦』が3月11日(水)から全国65スクリーンで緊急公開されることが発表され、「私たちにもプライバシーがあるんですけど…」(百田さん)、「ちっとも聞いてません!」(佐々木さん)と大慌て。一方、会場のモノノフたちは大歓声でドキュメンタリー公開を歓迎していた。

『幕が上がる』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top