【予告編】東方神起ユンホ、本格映画デビュー! 戦後を生きた家族の物語

韓流・華流

東方神起・ユンホ/『国際市場で逢いましょう』 (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 東方神起・ユンホ/『国際市場で逢いましょう』 (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『国際市場で逢いましょう』 (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『国際市場で逢いましょう』 (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『国際市場で逢いましょう』 (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『国際市場で逢いましょう』 (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『国際市場で逢いましょう』 (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『国際市場で逢いましょう』ポスター (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
日本でも話題になった『王になった男』『7番房の奇跡』などのヒット作を抜き、韓国では史上歴代2位の大ヒットを記録、現在もなお動員記録を伸ばしている映画『国際市場で逢いましょう』。このほど、『新しき世界』『傷だらけのふたり』などの演技派ファン・ジョンミン、「LOST」のキム・ユンジンほか、本作が本格スクリーンデビューとなる「東方神起」のユンホら、豪華キャストがアンサンブルを魅せる日本オリジナル予告編が解禁となった。

朝鮮戦争時、父、そして末の妹と離れ離れになり、母と2人の兄妹と共に避難民として釜山で育ったドクス。成長したドクス(ファン・ジョンミン)は父親代わりにお金を稼ぐため、西ドイツへの出稼ぎやベトナム戦争への出兵など、幾度となく生死の瀬戸際に立たされる。しかし、彼は家族のため、いつも笑顔で必死に激動の時代を生きていった――。

『TSUNAMI-ツナミ-』で韓国国民を感動で包み込んだユン・ジェギュン監督が、釜山の“国際市場”を舞台に、激動の歴史を通して、家族のために生きた一人の男の生涯を力強く描き出した本作。すでに韓国では1,410万人を動員し、『王になった男』超えの大ヒットとなっている。

このたび到着した日本オリジナル予告編には、「大丈夫だ」と笑って見せ、「良かった」と涙ぐむ、そんな主人公ドクスの姿が。ドクスは一家を支えるため、冷戦さなかの西ドイツの炭鉱へと出稼ぎ、ベトナム戦争では民間技術者として働き、つらくても家族の前では決して弱さをみせず、ただひたすら、懸命に生きてきた。貧しいながらも生き抜いたドクスとその家族の歴史は、観る者を優しい涙と笑顔で包むはずだ。



また、ベトナム戦争下、ファン・ジョンミン演じるドクスの傍らには、実際に戦争に参加した歌手ナム・ジン役を演じた「東方神起」のユンホも勇ましく登場。劇場公開を前に、ファンならずとも必見の予告編となっている。

なお、本作は3月5日(木)から開催される第10回大阪アジアン映画祭のクロージング作品に決定。3月15日(日)には、大阪・ABCホールにてジャパンプレミアとして上映され、ユン・ジェギュン監督も来日して参加する予定だ。

『国際市場で逢いましょう』は5月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top