【ディズニーが描く現代女子なプリンセス vol,3】ヒロインから見る恋愛観・結婚観

最新ニュース

現代女子なラプンツェル/『イントゥ・ザ・ウッズ』 -(C)2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.
  • 現代女子なラプンツェル/『イントゥ・ザ・ウッズ』 -(C)2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.
  • 『イントゥ・ザ・ウッズ』-(C)2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.
  • 片方の靴を置いていくかどうか悩む…シンデレラ/『イントゥ・ザ・ウッズ』-(C)2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.
  • 赤ずきん(リラ・クロフォード)&オオカミ(ジョニー・デップ)/『イントゥ・ザ・ウッズ』-(C)2015 Disney
  • 3年ぶりの来日が決定した、メリル・ストリープ/『イントゥ・ザ・ウッズ』-(C) 2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.
  • 『イントゥ・ザ・ウッズ』-(C) 2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.
これまでのディズニープリンセスは素敵な男性との愛を実らせ、ハッピーエンドを迎えてきました。シンデレラや白雪姫をはじめ『美女と野獣』のベル、『アラジン』のジャスミン、『眠れる森の美女』のオーロラなど、どのプリンセス・ストーリーも当時の女性が夢見た王道です。

でも現実では、好きな人との恋が実った後も、愛する人と結婚をした後も人生は続いていくわけで、そのハッピーエンドの先は当然あります。そんな“アフター・ハッピーエンド”を描いたのが『イントゥ・ザ・ウッズ』。「めでたし、めでたし」で終わるのが王道のディズニープリンセス・ストーリーだから、その後はいらないわ! という声も挙がってきそうですが、いやいやどうして、その王道のディズニーが「めでたし、めでたし」後を描くということは、現代女子にとっての王道、つまりヒロインたちがより現実的になり、共感できるということ。“森の中”に次々と入っていくシンデレラ、赤ずきん、ラプンツェル、パン屋の妻を見てみると「あっ、そうそう!」と思ってしまう、現代女性のリアルな“恋愛観・結婚観”が垣間見えてくるんです。

ロブ・マーシャル監督によれば、“森”は人生における数多くのメタファーで、キャラクターたちは「I wish…」と歌いながら森へ入り、それぞれの夢や願望を遂げようとします。面白いのはみんなエゴ丸出しだということ。共感もあれば教訓もあり、ほんとにキャラクターたちが人間くさいんです。たとえばシンデレラ。夜中の12時になって慌ててお城を抜けだしたためにガラス靴を片方落としてきてしまいますが、王子が本当に自分を探し出せるのか、どんな姿の自分でも愛してくれるのかをジャッジするために片方の靴を落としたとしたらーーなんて打算的! ではありますが、恋愛に駆け引きはつきものです。シンデレラもそうだったのね! と思うと、なんだかグッと親近感が湧いてきます。

好奇心旺盛で両親の言うことを聞かずに寄り道をした結果、狼に食べられるという危険な目に遭う赤ずきんは、反抗期な時代の自分と重なったり。ラプンツェルと王子の恋は、ひと目惚れの恋は果たして成就するのか…ってとこでしょうか。「外見じゃない、中身だ!」ってよく言いますが、王子は塔の上にいるラプンツェルの美しい歌声と顔、外見きっかけで惚れたわけですからね。そこに大きな試練が立ちはだかったときに一体どう出るのか? 王子の愛の大きさが試されるというわけです。すごく分かりやすい!

そして、仕事に恋愛に結婚に出産…と、何かと忙しい働く現代女性が一番共感するのは、おそらく“パン屋の妻”じゃないでしょうか。彼女の結婚相手、夫がそれほどカッコよくないという点からしてすでにリアルです。この夫婦のアフター・ハッピーエンドは、彼女は外見じゃない中身だと彼と結婚を決めたところから始まります。ラプンツェルと逆のパターンですね。

彼の大きな優しさに惚れて、深く愛されることに幸せを感じて結婚したものの、一緒に暮らすうちにだんだんと頼りない男として映ってしまってきている。だからパン屋の妻は途中、心が揺れ動いちゃうシーンもあったりするんですが、そこは女の結婚観が見え隠れする面白いところでもあります。最終的に自分は恋愛に何を求めているのか? 恋愛の先の結婚に何を求めているのか? カッコよさ、経済力、優しさ…パートナーに何を求めるのか提示して考えさせてくれるのが“パン屋の妻”のエピソードなんです。

どうですか、ディズニーのプリンセス・ストーリーは大人の女には甘ったるいと思っている人も、この『イントゥ・ザ・ウッズ』はけっこう共感できるのではないでしょうか。ちなみに、出てくる王子はたしかにカッコいいですが、中身が…。これもおそらく、現代女性が強くなってしまったために、本来頼れる存在の王子像がゆるくなってしまったメタファーなのかも。捉え方は人それぞれで決して答えはひとつじゃないので、観終わったあとに女子トークが盛り上がること必至です!



『イントゥ・ザ・ウッズ』は3月14日(土)より全国にて公開。
《text:Rie Shintani》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top