エマ・トンプソン、実写版『美女と野獣』でポット夫人役に決定!

最新ニュース

エマ・トンプソン -(C) Getty Images
  • エマ・トンプソン -(C) Getty Images
  • エマ・トンプソン
  • エマ・トンプソン -(C) Getty Images
エマ・トンプソンがディズニーの実写版『美女と野獣』でポット夫人役を演じることになった。

1991年作のオリジナルアニメーション作品でアンジェラ・ランズベリーが声優を担当していた同役をトンプソンが演じることになったほか、ベルの父親モーリス役をケヴィン・クラインが演じるのではないかとささやかれている。

さらにディズニーは同作にオリジナル作品からの曲はもちろんのこと、作曲家アラン・メンケンとハワード・アッシュマンによって作られた新しい曲も登場することを明らかにしている。

一方で先日、エマ・ワトソンは同作の中でヒロインのベル役を演じることを自身のフェイスブックページでファンたちに明かしており、すでに撮影に向けて歌のレッスンをスタートさせたことや子どものころから大好きだったというこの作品へ出演することになった喜びの気持ちを語っていた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top