中尾彬&柳沢慎吾、あの“決め台詞”で桐谷美玲と共演!『ヒロイン失格』

映画

中尾彬&柳沢慎吾&六角精児/映画『ヒロイン失格』(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社
  • 中尾彬&柳沢慎吾&六角精児/映画『ヒロイン失格』(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社
  • 山崎賢人&桐谷美玲&坂口健太郎/映画『ヒロイン失格』(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社
  • 中尾彬&柳沢慎吾&六角精児/映画『ヒロイン失格』(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社
  • はとりが「あばよっ!」/映画『ヒロイン失格』(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社
  • 桐谷美玲×山崎賢人/『ヒロイン失格』撮影現場にて
  • 桐谷美玲×坂口健太郎/『ヒロイン失格』撮影現場にて
  • 映画化される「ヒロイン失格」-(C) 幸田もも子/集英社
モデル、女優、キャスターと幅広く活躍する桐谷美玲が主演を務める『ヒロイン失格』。かつてないロマンティック・コメディーとして話題の本作に、中尾彬、柳沢慎吾、六角精児という豪華大御所キャストたちが“本人役”で出演していることが判明し、3人からコメントが到着した。

桐谷さんをヒロインに、山崎賢人、坂口健太郎という最旬の若手イケメン俳優をメインキャストに迎えた本作。笑って泣けてキュンとする恋愛映画でありながら、桐谷さんの“ヒロインにあるまじき”変顔や池への転落シーンなど、体当たりの熱演でも注目を集めている。

役者・コメンテーターとしても活躍し、首元の“ねじねじ”がトレードマークの中尾さんは、大好きな幼馴染・利太(山崎さん)と学校イチのモテ男・弘光(坂口さん)との間で揺れるヒロイン・はとり(桐谷さん)の背中を押す役として出演。もちろん決め台詞はお馴染みの「いいんじゃない」だ。

本人役でのオファーを受けた当初は、若者の中に自分が入っていることに戸惑ったという中尾さん。高校生の気持ちについて「読んでみても分からない部分もあったのですが、現場の雰囲気がやる気を起こさせてくれました。出番はわずかですが、細かく目線など考えたりして、作っていくのが楽しかったです」と語り、最後には「もうちょっと出たいな」と思うほど撮影を楽しんだ様子。

また、テレビで見かけるテンションMAXなキャラクターで人気の高い柳沢さんは、はとりの格好をした衝撃的な姿を披露。暴走したはとりが立ち去る、とあるシーンで得意の決め台詞「あばよっ!」を繰り出すという、まさに柳沢さん以外には務まらない大役(?)に、「本人役でオファーが来て、こういうの良いね! 素の自分でいられて、凄くうれしい!」とコメント。「昔、大御所の人に『慎吾ちゃんはずっと言い続けてる。途中でストップすることは簡単。やり続けることが大事だよ』」ってね。こういうことなんだなと思ったよ」と、感慨深げに自身の経験をふり返った。

さらに、ドラマ・映画に多数出演し、独特の存在感を放つ六角さんは、修学旅行中に、はとりたちが見つける有名人として登場。劇中ではとりのライバル・安達未帆(我妻三輪子)を指す“六角精児似の冴えない女子”という代名詞で、名前があがっていた六角さんも、やはり“本人役”という役どころは新鮮だった様子。監督にはそのままでいいと言われたそうで、「特に役作りはなかったのですが、不思議な感じです。若者たちが大勢いる現場になかなか参加する機会がないので、楽しかったです」と、いつもの自然体で撮影に臨んでいたという。

さすが大御所の3人らしく、出演シーンは少ないものの、その存在感とインパクトは絶大。原作でも、はとりの顔が昭和の少女漫画風や「ゴルゴ13」風の絵のタッチになったりする表現が特徴的だが、特に柳沢さんの「あばよっ!」のシーンは実際にリアルなタッチで描かれており、それを実写でも実現した形となっている。

存在感あふれる大御所キャストが華を添える『ヒロイン失格』。はとりたちを取り巻く恋愛模様以外にも注目したい。

『ヒロイン失格』は9月19日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top