米倉涼子、別居質問にも笑顔崩さず…無言でレッドカーペットを立ち去る

最新ニュース

笑顔で報道陣の前に立った、米倉涼子
  • 笑顔で報道陣の前に立った、米倉涼子
  • 米倉涼子&小芝風花/『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ジャパン・プレミア
  • 米倉涼子&小芝風花/『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ジャパン・プレミア
  • 米倉涼子/『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ジャパン・プレミア
  • 小芝風花/『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ジャパン・プレミア
  • 米倉涼子/『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ジャパン・プレミア
  • 米倉涼子&小芝風花/『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ジャパン・プレミア
  • 米倉涼子&小芝風花/『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ジャパン・プレミア
今年のアカデミー賞作品賞、監督賞など最多4部門に輝いた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のジャパン・プレミアに本作のアンバサダーに就任した米倉涼子と同じ事務所の後輩で昨年『魔女の宅急便』の主演を務めた小芝風花が出席した。

マイケル・キートン、エドワード・ノートンら豪華名優たちの競演、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督による独特の世界観、ワンカットで撮影されたかのようなカメラワークなどが称賛を浴びている本作。かつてはヒーロー映画の主人公で名声を得るも、その名は過去のものとなりつつあり、ブロードウェイでの舞台に活路を見出そうとしている初老の俳優の奮闘を描き出していく。

この日はあいにくの雨模様となったが、会場となった映画館入口には、劇中にも登場するブロードウェイの劇場を模したセットが組まれ、そこに敷かれたレッドカーペットを歩いて米倉さん、小芝さんは登壇。

米倉さんは2012年にミュージカル「シカゴ」に主演しブロードウェイデビューを飾っており、映画の舞台となった劇場を始め、ブロードウェイの多くの劇場に何度も足を運んだそう。報道陣からの「ニューヨークを思い出しますか?」という問いかけに笑顔で「思い出します」と頷いていた。

だが、報道陣の質問が、先日より報じられている夫との別居に関することになると、笑顔はそのままに無言を貫き、身を翻してレッドカーペットを後にした。

続いて行われた劇場内での舞台挨拶では、米倉さんは本作について「大好きな俳優がいっぱい出ていて、彼らのやりとりに、同じ業界の人間としてワクワクしました。ニューヨークにいるかのような気分になれます」と語った。

小芝さんは10代とは思えないしっかりとした口調で「心にグサッと来る言葉が多かったです。(主人公に寄り添う)“バードマン”に『お前のことなんか誰も見ていない』と言われるところはドキッとしました。役者さんが苦しんでる姿を見て、私ももっと頑張らないと…と思いました」と語り、先輩の米倉さんを驚かせていた。

米倉さんも、劇中の俳優たちの「葛藤が伝わってきます」と同じ役者としての共感を口にする。そして、主人公がとんでもない姿でニュートークの街を歩くあるシーンについて、自身もかつて歩いた「ニューヨークを思い出しながらドキドキしました」と述懐。「なかなか見ることができないブロードウェイの裏側を見ることができて面白いです」と“アンバサダー”として見どころをアピールしていた。

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は4月10日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top