大島優子、喪服&鬼太郎ヘアで登場! “ズロース”旋風を起こす?

最新ニュース

大島優子/「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会
  • 大島優子/「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会
  • 北村一輝/「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会
  • 大島優子、北村一輝、勝地涼、本田翼、田中哲司、山口紗弥加、遠藤憲一/「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会
  • 大島優子/「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会
  • 勝地涼/「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会
  • 本田翼/「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会
  • 田中哲司/「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会
  • 遠藤憲一/「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会
大島優子の連続ドラマ初主演作品で、「ケイゾク」、「SPEC」の堤幸彦監督が演出を務めるTBSドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」の特別試写会が開催され、大島さんは左目に髪が掛かったヘアスタイルと喪服という役柄のままの姿で舞台挨拶に登壇した。

堤監督と「相棒」「ATARU」などの人気刑事ドラマを手掛けてきた脚本家・櫻井武晴のタッグによる本作。警視庁組織犯罪対策部(通称“マル暴”)の中でも、“足抜けコール”と呼ばれるヤクザをやめようとする者たちの相談に乗り、足抜けの支援を行う部署に勤める女性刑事の活躍を描き出す。

大島さん演じる麦秋(ばくしゅう)は、前髪が左目に掛かった状態で“ゲゲゲの鬼太郎”のような状態だが、これは以前、大島さんが自身のブログでアップした、風呂上がりの写真をプロデューサーが見て、生まれたものだそう。さらに上下、さらには中のシャツまで黒の衣裳は、堤監督が「思いついて」、喪服をイメージ! 

さらにスカートの中にも“仕掛け”があり、第1話のアクションから「これが堤監督だな(笑)!」(大島さん)という演出が見られる。堤監督は、ずばり「あれはズロースです!」と秘密を解禁! もはや若い世代にとっては死語とも言える“ズロース”だが、大島さんは「年配の女性が履かれているやつですよね? 履き心地はすごく良いです」と語り、堤監督の「流行らせてください」という言葉に「旋風を巻き起こしましょう!」とを誓っていた。

この日は、共演の北村一輝、勝地涼、本田翼、田中哲司、山口紗弥加、遠藤憲一も出席したが、大島さんの鬼太郎ヘア以上に目を引くのが、麦秋の“相棒”であり、不本意ながら足抜けコールの部署に異動となった、元マル暴担当刑事で強面の三ヶ島翔を演じる北村さんの巨大リーゼントヘア! 山口さんから「中に何が入っているのか気になる(笑)」とイジられていたが、北村さんは「地毛です…嘘です(笑)。いろいろ入ってて、第6話くらいで開きます。リーゼントって生き物ですから」とノリノリで会場をわかせていた。

「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」は4月16日(木)より放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top