Kis-My-Ft2藤ヶ谷、舞台版『TAKE FIVE』で唐沢寿明演じた大泥棒の孫役!蘭寿とむはセクシーな女泥棒に

最新ニュース

Kis-My-Ft2藤ヶ谷、舞台版『TAKE FIVE』で唐沢寿明演じた大泥棒の孫役!蘭寿とむはセクシーな女泥棒に
  • Kis-My-Ft2藤ヶ谷、舞台版『TAKE FIVE』で唐沢寿明演じた大泥棒の孫役!蘭寿とむはセクシーな女泥棒に
唐沢寿明主演で2013年に放送された連続ドラマ『TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~』(TBS系列)が、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔と蘭寿とむのダブル主演で舞台化されることがわかった。

大学教授、警察官、警備員などの表の顔を持った史上最強の大泥棒集団が活躍する痛快アクションドラマをもとにした今回の舞台では、ドラマ版の爽快かつ派手なアクションはそのままに、舞台ならではの生身のアクションなどが新たに追加。さらに、2065年の日本を舞台に映像を効果的に使用し、“舞台”と“映像”が融合するエンターテインメント作品として生まれ変わる。

藤ヶ谷が演じるのは、ドラマ版で唐沢が演じた帆村正義の子孫・守。「泥棒を許せない」という思いを持ちながら、さまざまなオリジナルキャラクターと関わることで成長するという役どころだ。藤ヶ谷は「経験豊富な共演者、スタッフの皆さんに混ぜていただきながら、日々刺激をもらいチーム一丸となっています。ドラマを見ていましたが、絡まる人間模様、そして心理戦にすごく高揚したのを思い出します。今回はLEDを多数使って映像とのリンクがあるので、すごい迫力になるはずだと今からとても楽しみにしています。今までにない共演者さんとの絡みもたくさんあります。新しい愛のある泥棒たち、そして新しい『TAKE FIVE』を楽しみに待っていて下さい」と意気込みを寄せる。

また蘭寿が演じるのは、魅惑的な女泥棒、ブルー・バタフライ(BB)。蘭寿は「ドラマの世界を未来に広げ、新しく展開する舞台版『TAKE FIVE』が生まれます! 出演できる喜びを感じます。BBを格好良く大人可愛く、そしてセクシーに演じられれば。楽しくて愛のあるステージをお楽しみに」とメッセージをおくる。

さらに、山本裕典、吉沢悠、駿河太郞、朝倉あき、宇梶剛史が舞台に華を添えるほか、伊與田英徳プロデューサーによると、ドラマ版に登場した唐沢やJUJUも「登場するかもしれない」という。ドラマ版で稲垣吾郎が演じた岩月櫂の子孫・迅役を演じる山本は「本当にありえそうな近未来の話です。愛がテーマのこの作品を演じる一員として、自分の役割を全うしたいです」とコメント。舞台は、5月13日(水)から21日(木)に東京・赤坂ACTシアターにて、5月28日(木)から31日(日)に大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演される。

関連リンク
連続ドラマ『TAKE FIVE』を視聴する
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top