4代目“相棒”は木梨憲武!? 水谷豊と男2人旅で本音トークを展開

最新ニュース

水谷豊と木梨憲武が、春の伊豆へ2人だけのドライブ旅行に出かける『豊さんと憲武ちゃん!旅する相棒 伊豆ドライブ編』(テレビ朝日系列、16:00~17:25)が、4月18日(土)に放送される。この旅で、プライベートで深い親交がある水谷と木梨は、心地良い時間に身を委ねながら、ほかでは聞けない本音トークを展開する。

年の差10歳の2人だが、プライベートでは家族ぐるみの親交を持つほどの仲の良さ。最近の水谷は、「趣味は憲武とのお茶です」と答えるなど、週に4回は一緒にお茶を楽しんでいるという。一方、子どものころからテレビで水谷を見てきた木梨は、最初の頃こそ接し方が分からなかったというが、今では「どう接してもいいとわかりました(笑)。楽です先輩は!」と気心が知れた様子。

そんな木梨が、今回『相棒』の撮影も終わり、すぐさま4月25日に公開される映画『王妃の館』のプロモーションが控える水谷をねぎらおうと、気合の入った旅メニューを準備し、旅程の組み立てから段取りまで、木梨プレゼンツの男2人旅を企画した。木梨は、今回のドライブの目的地を、木梨の母の実家があった伊豆エリアに設定し、なじみの場所に水谷を連れ出す。

その行程だが、目的地こそ伊豆に決まっているものの、道中何をするかは2人にお任せのフリースタイル。通常のロケ番組に用意されるお弁当や飲み物の支給なく、2人はまず長距離ドライブに備え、コンビニで買い出しをと考えるが、木梨は「今日はお金も持ってないです!」と衝撃発言。「一昨日ごちそうしたので、今日は水谷さんの順番でしょ!」と、最初から水谷におごってもらう気満々。さらには、「先輩行ってきて! ハムの入ったパンと飲み物……カフェラテを! あとしょうゆせんべいは固めでね」などと、水谷を“パシリ”として使う荒技を披露する。

水谷は、木梨の注文にしっかり応えようと奮闘するが、車に戻ってきた水谷が手にしていたものは、紙パックの“飲むヨーグルト”1リットルや紙パックの“コーヒー牛乳”500ミリリットルなど、通常のドライブでは考えられない、常人離れした品物の数々。ドライブをしながら飲食を試みるものの、案の定お互いの私服にコーヒー牛乳を飛び散らし……、「何やってんの水谷さん!! シャツ買ってよ!!!」と木梨に責められ、「ごめんね~」と謝る水谷の姿は、ドラマでは決して見られない貴重映像だ。爆笑の中にも、「人間って困った時がいいのよ~」と、水谷独自のポジティブでマイペースな姿も垣間見ることができる。

目的地までのドライブでは、木梨推奨の蕎麦屋を訪ねたり、海釣りを体験したり、木梨幼少期のおふくろの味に舌鼓を打つなど、盛りだくさんの男2人旅が展開する。途中、普段なかなか出会えない技を持つ『匠に会いに行く』という企画では、御年90歳、油絵で本場フランスの権威ある賞を受賞した経歴を持つ画家を訪ね、即興で水彩画を描く体験にも挑戦する。そして、宿に到着した2人は太平洋を一望する絶景風呂で、ドライブの疲れを癒す足湯を堪能しながら、これまでの芸能生活を振り返るなど、貴重なトークを展開。さらには、ドラマ『相棒』で成宮寛貴が演じた3代目の相棒・甲斐享が卒業したという話題になると、木梨が「次の相棒は俺だ!」宣言。その真相はいかに!?

今回の旅を振り返り、水谷は「バラエティーのロケとか、たまには外に出て、普段やらないことやるっていいですね。今日は本当に楽しかった!」と。木梨は「今日は、“水谷さんはそういう人だったのか”というのを伝えるのが僕の役割です。水谷さんが面白いから今日は絶対大丈夫だと思ってはいたけど、ADとしての段取りは疲れました!」と笑顔で語った。

関連リンク
水谷豊、“相棒”との3回の出会いと別れ
成宮寛貴『相棒』を卒業「甲斐享の集大成を最終回に込めた!」
水谷豊「右京じゃなかったら泣いていた」、成宮卒業の『相棒』最終回
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top