安達祐実、同じ“元子役”水谷豊に感化「こういう先輩いてくれる幸せに涙」

最新ニュース

安達祐実/『王妃の館』の完成披露イベント
  • 安達祐実/『王妃の館』の完成披露イベント
  • 水谷豊、安達祐実、田中麗奈、吹石一恵/『王妃の館』の完成披露イベント
  • 水谷豊、安達祐実、田中麗奈、吹石一恵、中村倫也、山中崇史、野口かおる、石橋蓮司、石丸幹二、尾上寛之/『王妃の館』の完成披露イベント
  • 野口かおる、中村倫也、石橋蓮司/『王妃の館』の完成披露イベント
  • 『王妃の館』の完成披露イベント
  • 水谷豊/『王妃の館』の完成披露イベント
  • 田中麗奈/『王妃の館』の完成披露イベント
  • 石丸幹二/『王妃の館』の完成披露イベント
水谷豊が主演する『王妃の館』の完成披露イベントが4月16日(木)、グランドプリンスホテル高輪貴賓館で行われ、水谷さんをはじめ、共演する田中麗奈、吹石一恵、安達祐実、中村倫也、山中崇史、野口かおる、石橋蓮司、石丸幹二、尾上寛之が勢ぞろいした。

作家・浅田次郎の同名小説を原作に、水谷さん演じるスランプ気味の小説家、その名も北白川右京が、パリ・ヴォージュ広場でおよそ300年の伝統と格式を誇るホテル“シャトー・ドゥ・ラレーヌ”(別名:王妃の館)に宿泊するワケあり旅行者10人の珍道中に同行し、そこからインスピレーションを受けた新作を執筆させようと奮闘するトラベルミステリー。

実際にパリで22日間のロケを敢行し、ルーブル美術館、セーヌ川といった観光名所に加えて、邦画初となるベルサイユ宮殿での撮影も実現した本作。水谷さんは「浅田先生は『この小説は唯一映像化できない』とおっしゃっていた。ベルサイユはもちろん、ルーブルも撮影は制限が多く無理だろうと…。ところがこうして、すべてが実現したのですから、私は心からうれしいです」と感激しきり。

また、撮影の合間をぬって観光も満喫したようで、「美術館に行ったり、(画家の)藤田嗣治やドラクロワが住んでいたと言われるアパートを訪ねたり。それにパリはカフェ文化がすばらしい。壁を見れば、ピカソやマリア・カラス、オードリー・ヘプバーンが来た印があって」とうっとりした表情。そこで何を飲んだかは明かされなかったが、もしかすると“右京”のように紅茶を味わったのかも?

共演陣については、「ワケありが似合う俳優さんばかり」と意味深な水谷さん。旅行者のひとりを演じる安達さんは、「私にとって水谷さんは、“元子役”の先輩。こういう先輩がいてくれる幸せに涙が出ました」と感極まっていた。

『王妃の館』は4月25日(土)全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top