水谷豊「メルシー」 石丸幹二はルイ14世役なのに一人だけまさかのパリ撮影なし!

最新ニュース

水谷豊/『王妃の館』初日舞台挨拶
  • 水谷豊/『王妃の館』初日舞台挨拶
  • 水谷豊/『王妃の館』初日舞台挨拶
  • 田中麗奈/『王妃の館』初日舞台挨拶
  • 吹石一恵/『王妃の館』初日舞台挨拶
  • 安達祐実/『王妃の館』初日舞台挨拶
  • 山中崇史/『王妃の館』初日舞台挨拶
  • 石丸幹二/『王妃の館』初日舞台挨拶
  • 水谷豊、田中麗奈、吹石一恵、安達祐実、尾上寛之、中村倫也、山中崇史、野口かおる、石丸幹二、橋本一監督/『王妃の館』初日舞台挨拶
4月25日(土)に公開を迎えた映画『王妃の館』の舞台挨拶が行われ、主演の水谷豊をはじめ、田中麗奈、吹石一恵、安達祐実、尾上寛之、中村倫也、山中崇史、野口かおる、石丸幹二、橋本一監督がそろって登壇した。

浅田次郎の人気小説の映画化でパリで22日間ものロケを敢行し製作された本作。パリの一流ホテル“シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)”を舞台に、新作執筆のためにいわくつきのツアーに参加した天才小説家をはじめ、様々なワケありの人々の思惑が交錯していく。

映画を見終えたばかりの観客の歓声に迎えられた水谷さんは「メルシー!」とフランス語で感謝! 司会者から「映画の初日に特別に行なっていることはありますか?赤飯を炊くとか?」と問われ「そういう時代の人間に見えますか…?」と苦笑しつつ「TVだと多くの人が見ているという時間がわかないのですが、映画はそれが実感できます。やはり普段とは違う気持ちになりますね」と感慨深げに語った。

吹石さんは、普段のイメージとは異なる役柄で「ラブリーな感じのドレスで(苦笑)、心配だったんですけど、麗奈ちゃんが『大丈夫だよ!』『似合ってるよ』と励ましてくれました」とニッコリ。その田中さんは吹石さんを見て「萌え~ってなりました!普段はカッコいいイメージだけど、全身ピンクの衣裳で萌え萌えでした!」と興奮気味に明かし、笑いを誘っていた。

水谷さん、吹石さん、田中さん、安達さんらはふんだんにお金を掛けた豪華“ポジ”ツアーの客の役柄だったが、他のメンバーは格安の庶民的な“ネガ”ツアー。このワケあり格差ツアーが物語に大きく関わってくることになるが、ポジツアーの豪華さをうらやみつつ、青木さんは「パリはネガツアーの方がいいと思います。(ポジツアーの豪華なお朝食などが)うらやましいけど、なんとも思ってません!」と強調する。

山中さんは、22日のパリでのロケの間に、コインランドリーを見つけて自分で洗濯を行なっていたそうだが「一度、(洗濯代の)1ユーロを忘れてコインランドリーの前でもぞもぞしてたんですが、通りがかったフランス人の男性が1ユーロくれました(笑)。メルシー!という感じ(笑)。恋に落ちそうになりました」と思わぬ地元の人との触れ合いを笑顔で振り返る。一方、野口さんは「逆にセーヌ川のほとりで女のひとたちに2ユーロをカツアゲされました!」とこれまた旅先ならでは(?)の恐怖体験を明かした。

そんな、悲喜こもごものパリ撮影組をよそに石丸さんは、ルイ14世という役柄にもかかわらず「この中で唯一、フランスに行ってません…」とがっくり。一同の述懐に「楽しそうな話ですね…」と寂しそうに語り、ルイ14世という役柄に関しても「かつらが重くてほぼ動けませんでした」と珍エピソードを披露し会場は笑いに包まれた。

改めて水谷さんは「今回は素晴らしいメンバーでした」と満面の笑み。「普通は22泊でこれだけの人がいますと人間関係が怪しくなるものですが、一切そういうのがなかった」と楽しそうにふり返っていた。

『王妃の館』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top