渡瀬恒彦、V6井ノ原の成長に「いい顔になった!」

最新ニュース

渡瀬恒彦、V6井ノ原の成長に「いい顔になった!」
  • 渡瀬恒彦、V6井ノ原の成長に「いい顔になった!」
渡瀬恒彦、V6の井ノ原快彦らが出演する『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系列、毎週水曜21:00)が、今期から10年目のシーズンを迎え、4月22日(水)より初回2時間SP(20:00~21:48)でスタートする。これに先駆け20日(水)、都内・スタジオにて制作発表記者会見が行われ、渡瀬が「イノッチは“いい顔になった”」と、この10年を振り返りながら井ノ原の成長を褒めた。

会見には、渡瀬、井ノ原に加え、羽田美智子、中越典子、吹越満、田口浩正、津田寛治、原沙知絵といった9係のメンバーが出席。羽田は「1つの役を10年やらせていただくということは本当にないこと。本当にありがたいことです」と。共演者については、「『9係』のみなさんは、天才の集まりです。“天”の“災”ではないですよ(笑)……」と茶目っ気たっぷりに語りつつ、このメンバーで一緒に作品を作ってきたことを振り返り「本当に刺激的な10年でした」と語った。

渡瀬は、この10年の中で一番印象的だったことを聞かれ、「僕が俳優になって45年。高倉健さんであろうと俳優さんに(演技で)注文をつけられたことはなかったのですが、吹越が45年で初めて注文をつけてきました」と冗談まじりに明かし、これを受け、吹越は「前のシーンとの繋がりで、係長(渡瀬)にこういうことを言ってもらったら面白いんじゃないかなと思って、渡瀬さんに相談してみてもいいかな? って田口に話したんです。そしたら“いいんじゃないですか”って。たきつけたのは田口です!」と弁解!? しかし、その演技をみた田口も「渡瀬さん、可愛い~」というくらい、今まで見せたことのない渡瀬の表情がこのシーンでは、見られるという。

井ノ原は「僕は、そのシーンを傍から見ていたのですが、面白いな~と思いました。(渡瀬さんに)吹越さんから注文があった時にどう思ったんですか? と伺うと、“とりあえずやってみようと思った”って仰ってて、(注文通りの演技を終え)いかがでした? って聞いてみると“うん、楽しかった!”って(笑)。凄く革命的な出来事でした。今まで謎が多い係長でしたが、小学生の頃の係長はこんな感じだったのかな~って思いましたね」と嬉しそうに語っていた。

その渡瀬が演じるのは警視庁捜査一課9係係長の加納倫太郎。井ノ原が演じるのは、同じく9係に所属する刑事で階級は巡査長の浅輪直樹、倫太郎とコンビを組む若手刑事。渡瀬は、井ノ原とのコンビを振り返り、「一番最初に会ったのが、イノッチが28歳の時。この子が“イノッチ”なんだ、という感じでした。それから3年目か、4年目くらいに、結婚が前後していたのがわかりませんが、ふと大人になったなって感じ、そして今回、イノッチが業界用語でいう“いい顔”になってきたというのを感じています」と、井ノ原の成長を褒めた。

そんな渡瀬について井ノ原は、「年齢を重ねていくと、率直な意見を言ってくれる方って少なくなってきますけど、渡瀬さんは、僕が他の番組に出ていても毎回率直な意見を言ってくださる」と感謝しつつ、「渡瀬さんはいつも正しいことをいう。だから、こうやって10年間、ついてこられたんだと思います。そんな存在の方に、“いい顔になった”って言われるのは、本当に嬉しいことです」と。「そうだよね~」と羽田も涙を浮かべながら大きくうなづいていた。

会見後には場所を外に移し、渡瀬もエプロン姿で、9係のメンバーたちと一緒に集まった記者に“ステーキ丼”を振舞った。

関連リンク
[画像]渡瀬ら9係の面々が記者にステーキを振る舞う
渡瀬恒彦、井ノ原快彦が共演の『9係』が10周年、新たなセミレギュラーも登場し4月スタート
渡瀬恒彦&里見浩太朗が『9係』で初共演、敵対する役柄で実現!?
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top