【シネマ羅針盤】『ワイルド・スピード』異色のヒット法則 日本でも興収右肩上がり

最新ニュース

『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • 『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • 『ワイルド・スピード SKY MISSION』   - (C) 2014 Universal Pictures
  • ミシェル・ロドリゲス/『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • 『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • 「8.6秒バズーカー」と「ゴールデンボンバー」/『ワイルド・スピード SKY MISSION』日本語吹替え版の完成披露試写会
“ワイスピ”の愛称で知られる人気アクションシリーズの最新作『ワイルド・スピード SKY MISSION』が世界中で大ヒットを記録し、各国の興行ランキングを爆走している。過去6作品で24億ドルもの興収をたたき出した同シリーズが築き上げた異色のヒット法則とは?

第7弾となる本作は、全米で公開されるや週末2日間で興収1億4,360万ドル(約173億円)を上げる驚異のスタートダッシュを決め、中国、ロシアなど同時期公開された67か国/地域のすべてで首位デビューを飾ったばかり。わずか11日間で全世界興収が5億ドルを突破し、ユニバーサル作品史上“最速”での達成記録を果たしている。ファン、評論家双方のレビューも上々で、今後どこまでヒットを更新するか目が離せない状況だ。

ともに2001年に第1作が公開され、同じ7タイトルが製作された『ハリー・ポッター』シリーズ(実質的には8本製作)と比較すると、いかに“ワイスピ”が曲がりくねった道を走ったかが浮かび上がる。予想外のヒットを飛ばした第1作でアクセルを踏んだものの、シリーズ途中で興行的に低迷し「次回作はDVDスルー」という危機に立たされた。一昨年に主演スターを襲った悲劇は、撮影中だった新作の完成とシリーズ存続に黄信号を灯した。

それでも、本シリーズが世界的ヒットを飛ばす理由のひとつは人種や性別を超えたバラエティ豊かなキャラ構成、そして彼らが織りなす「絆の物語」だ。たとえ暴力や犯罪に満ちた内容であっても、主軸は15年という歳月をかけて成長した登場人物であり、シリーズ最新作では仲間を超えた家族レベルの結束が描かれる。「道さえあれば、どこでも舞台」と言わんばかりに、各国で撮影されたことも国際的な人気の秘密だ(本作では、空でも大暴れ!)。

ここ日本でも第4作『ワイルド・スピード MAX』が9.4億円、第5作『ワイルド・スピード MEGA MAX』が14.3億円と国内興収は右肩上がりで、前作の『ワイルド・スピード EURO MISSION』ではついに20億円を突破した(数字は配給発表)。現状ではラストランになる可能性も高いだけに、シリーズ集大成である『ワイルド・スピード SKY MISSION』で繰り広げられるチーム“ワイスピ”の爆走をぜひ、大スクリーンで堪能してほしい。

『ワイルド・スピード SKY MISSION』は全国にて公開中。
《text:Ryo Uchida》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top