"ムカデ新記録"達成! 500人がつながる衝撃の『ムカデ人間3』公開日決定

映画

-(C) 2012 six entertainment company
  • -(C) 2012 six entertainment company
  • 『クソすばらしいこの世界』舞台挨拶 in ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(北村昭博)
“人間の口と肛門をつなげてムカデ人間!”という、全世界が絶句したホンモノの問題作かつ、斬新な“エコロジカルスリラー”としてヒットを記録した『ムカデ人間』シリーズ最新作『ムカデ人間3』の日本公開が決定。8月22日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国にて公開される。

暴動数、医療費、離職率が全米1位の刑務所の所長ビル・ボス(ディーター・ラーザー)は、見かねた州知事(エリック・ロバーツ)から「このままでは解雇だ」と最後通告を受ける。困ったビルは、忠実なる右腕のドワイト(ローレンス・ハーヴェイ)から、アメリカの刑務所システムに革命を起こし、何十億ドル削減できる夢のようなアイディ提案される。

それは、「ムカデ人間」と呼ばる映画に基づいた施策で、文字通り、囚人たちをつなげて級欲の罰と抑止力を与えるというもの。つなげてしまえば、食費も1人分で済む! ビルとドワイトは、500人の囚人をつなげたムカデ囚人を作ろうと動き出すのだった…。

2011年7月公開当時、無名の日本人俳優を先頭に3人の人間の口と肛門をつなげるという衝撃さから、レイトショーながらも全国興行収入1,500万円を突破し、一大ムーブメントを巻き起こした『ムカデ人間』。続編となる『ムカデ人間2』では4倍となる12人もの人間の口と肛門をつなげ、前作を上回る超過激映像でまたしても大ヒットを記録した本シリーズ。

シリーズ最新作の本作では、なんと500人もの人間をつなげるという、想像を絶する狂気で映像表現の限界に挑戦。また前作の名物キャストが再集結しており、『ムカデ人間』に登場したハイター博士役ディーター・ラーザーや、“ムカデの先頭”こと日本人俳優・北村昭博、さらに『ムカデ人間2』のマーティン役ローレンス・ R・ハーヴェイらの共演もも見所のひとつ。

本シリーズへカムバックを果たした日本人俳優・北村さんは、本作の出演について「たくさんの偉大な日本人俳優が、様々な海外作品に出演されてきましたが、これまでも、そしてこれからも、今回の映画で僕が見せる演技よりもインパクトを残すことはないと断言できます! 日本代表として衝撃の演技を見せますので、お楽しみに。」と自信を覗かせた。

『ムカデ人間3』は8月22日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top