江口洋介、巨大ヘリ墜落を阻止!? 『天空の蜂』緊縛感あふれる場面写真公開

映画

『天空の蜂』場面写真 - (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 『天空の蜂』場面写真 - (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 『天空の蜂』場面写真 - (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
東野圭吾最大の勝負作を「20世紀少年」シリーズなど様々な作品を手がけてきた堤幸彦監督が完全映画化したクライシス・サスペンス超大作『天空の蜂』より、緊張感漂う場面写真が一足先にシネマカフェに到着した。

1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が突如動き出し、子どもを一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した。遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は“天空の蜂”と名乗り、「全国すべての原発の破棄」を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する――。

史上最悪の原発テロの危機に立ち向かう人々を描いた本作。主演を務める江口洋介が演じるのは、長年、家族との時間を犠牲にしながらも、自衛隊用の超巨大ヘリ≪ビッグB≫の開発に取り組んできたヘリコプター設計士・湯原。一方、湯原と同期入社で、日本の発展に寄与するエネルギーと信じ、原子力発電所の設計に携わってきた原発設計士・三島を本木雅弘が演じる。

今回解禁となった場面写真で映し出されているのは、巨大ヘリ墜落を阻止するため、空へと飛び立とうとしている湯原の姿。決意と覚悟を秘めた表情からは、「絶対に、守り抜く」という強い想いが見て取れる。

また、もう一枚の場面写真は、巨大ヘリ《ビッグB》が原発へ墜落するまで8時間というタイムリミットが迫る中、日本消滅の危機を止めるべく奔走する対策本部でのシーン。見えない敵との攻防戦が続き、江口さん演じる湯原、本木さん演じる三島の2人の表情には、ただならぬ緊迫感が伝わってくる。

原作発表から20年が経ち、原発を題材にしたテーマ性やその物語の大きさから映像化不可能と言われた原作を、堤監督がかつてないスケールで描く本作。まずは、この場面写真から、公開への期待を膨らませてみて。

『天空の蜂』は9月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top