【カンヌ国際映画祭】シャーリーズ・セロン、「Dior」のドレスでショーン・ペンと共に登場

最新ニュース

シャーリーズ・セロン&ショーン・ペン/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』in 第68回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images
  • シャーリーズ・セロン&ショーン・ペン/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』in 第68回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images
  • トム・ハーディ&シャーリーズ・セロン&ニコラス・ホルト/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』in 第68回カンヌ国際映画祭-(C)Getty Images
  • トム・ハーディ/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』in 第68回カンヌ国際映画祭
  • シャーリーズ・セロン&ショーン・ペン/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』in 第68回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images
  • 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』in 第68回カンヌ国際映画祭
トム・ハーディが新生マッド・マックスを演じた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が14日夜(現地時間)、第68回カンヌ国際映画祭で特別上映され、トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、監督のジョージ・ミラーらが、レッドカーペットに登場。沿道には一目見ようと大勢のファンが詰めかけた。

まずは恋人ショーン・ペンのエスコートでレッドカーペットを歩いたシャーリーズは、「ディオール(Dior)」の鮮やかな黄色いドレス姿。ショーンは相変わらずシャーリーズにべた惚れの様子で、彼女を『マッド・マックス』チームに託すと、まぶしげにその姿を眺めていた。

上映前の記者会見で、トム・ハーディは「まずはジョージ・ミラーに謝りたい」と、いきなり切り出した。「7か月間の撮影中、僕はジョージのビジョンをもっと知りたかったけれど、なかなか現場では説明してもらえず、そのことに不満を持っていたんだ。けれど、砂漠の一寸先も見えない砂煙の中で、あれだけの台数のバイクや車の動きを把握するなんて、本当に不可能に近い。ジョージがどれだけ凄いことをやっていたのか、映画が完成してみて本当によく分かったんだ」と、反省してみせた。

マックス以上の力を見せる女戦士フュリオサを演じたシャーリーズは、会見では「ヴァレンティノ(Valentino)」の黒革のミニドレス姿。「映画では丸刈りだったけど、今日はポニーテールなんだから、もう遠い昔みたい。砂漠の撮影は大変だったけれど、ジョージにがっかりしたことは一度もなかったわ」と2年前の撮影をふり返った。

悪のリーダーの5人の妻を救おうとすることから、フェミニスト映画だと言われていることについてどう思うか、と聞かれたジョージ・ミラーは「特にフェミニスト的な題材にしようとしたわけではない」と言うが、シャーリーズは「最初にこの映画の話を聞いたときから、とても大きな可能性を感じていたわ。マッド・マックスと共に闘う女戦士を演じられるなんて、女優としては素晴らしいことだと思うから。この映画は女性という存在そのものを称賛しているし、出てくる女性像はみんなとてもリアルなのよ」と、フェミニスト映画であることに誇りを持っているようだった。
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top