ミスチル、『バケモノの子』主題歌に! 桜井和寿「大きな誇りを感じる」

映画

『バケモノの子』-(C) 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS
  • 『バケモノの子』-(C) 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS
  • 『バケモノの子』主題歌を担当する「Mr.Children」
  • 「Mr.Children」のニューアルバム「REFLECTION」
『時をかける少女』('06)、『サマーウォーズ』('09)、『おおかみこどもの雨と雪』('12)と、手がけた作品すべてが傑作として評価され、いまや世界で最も注目を集めるアニメーション映画監督となった細田守監督3年ぶりの最新作『バケモノの子』。このたび本作の主題歌が、「Mr.Children」の楽曲「Starting Over」に決定した。

人間界<渋谷>とバケモノ界<渋天街(じゅうてんがい)>という交わるはずのない2つの世界に生きる、ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノ。ある日、少年はバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹(くまてつ)の弟子となり、九太(きゅうた)という名前を授けられる。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった…。

バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に、バケモノたちの棲む異世界「渋天街」での修行と冒険、リアルな渋谷を舞台にした壮大なアクション、そして親子の絆やヒロインとの淡い恋愛などあらゆる世代が共感できるエンターテイメントのすべての要素が詰まった本作。映画製作陣はその主題歌を、日本を代表するアーティスト「Mr.Chirdren」に依頼。打ち合わせを重ねる中で細田監督が、6月4日(木)に発売となる「Mr.Chirdren」のニューアルバム「REFLECTION」に収録される「Starting Over」を聴いたところ、歌詞・楽曲共に、正しく『バケモノの子』の世界観を表現していると絶賛し、本作の主題歌になることが決定したようだ。

この決定に当たり、「Mr.Chirdren」の桜井和寿は「凄い映画を観てしまった。 1人の父親として、それから試行錯誤を繰り返す作家のハシクレとして、込み上げてくる感情に胸が苦しくなった。 この素晴らしい作品に、微力でも携われることに大きな誇りを感じています」と喜びのコメント。

細田監督も「Mr.Childrenさんと映画『バケモノの子』がコラボレーションできることを、大変光栄に思います」と語ると共に、「映画『バケモノの子』は、ひとりぼっちの少年の成長譚であり、主題歌『Starting Over』は、少年が思春期の戸惑いを打ち破る、戦いの唄です。タイトルの『新たな出発』という意味を噛み締めて、どうぞ聴いてみてください」とコメントを寄せている。

役所広司、宮崎おあい、染谷将太、広瀬すず、津川雅彦、リリー・フランキー、そして大泉洋と、錚々たる顔ぶれが揃う声優陣に負けない豪華なアーティストの参加に、ファンならずとも本作への期待が高まることは間違いないだろう。

『バケモノの子』は7月11日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top