羽生結弦選手、献血の大切さをPR「命だけでなく、心にも影響するもの」

最新ニュース

羽生結弦/「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考えるイベント」
  • 羽生結弦/「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考えるイベント」
  • 羽生結弦/「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考えるイベント」
  • 小林麻耶、羽生結弦、山本シュウ/「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考えるイベント」
  • 羽生結弦/「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考えるイベント」
  • 山本シュウ/「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考えるイベント」
  • 羽生結弦/「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考えるイベント」
  • 小林麻耶/「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考えるイベント」
  • 山本シュウ/「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考えるイベント」
日本赤十字社は、14日(日)の世界献血者デーを前に、6月1日(月)都内にて「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考えるイベント」を開催。

平成27年はたちの献血キャンペーンキャラクターも務める羽生選手は、「We are シンセキ!」を合言葉に、受血者の代弁者として活動する山本シュウさんと、アナウンサーの小林麻耶さんと共にトークショーを行った。

「大学の課題に追われていて、4時間しか眠れていない」と、お疲れ気味な羽生選手だったが、真剣に独自の目線から、献血について語った。

受血までには至らなかったものの、昨年の怪我により、献血についてより身近に感じるようになった、という羽生選手。「小学生以下の子から、90代以上の方まで、幅広い世代の方たちが、フィギュアスケートを見てくださっているので、僕を通じて献血について知ってもらえるきっかけになれば嬉しいです」と話した。

また、若い世代の献血が減っているという話題を振られると、「若い世代は、学校に行っていて時間がないというだけでなく、献血についてあまり知らない人たちも多いと思うんです。なので、SNSのようにシェアしながら発信していけるというのはいいですね!」と、軽快なトークを繰り広げた。そんな羽生選手に、山本さんが「一年で成長したな!」というと、羽生選手は「一年でいろいろと世論にもまれました」と笑いを誘った。

この日司会を務めた小林さんも、自身の母親が妹を出産する際に輸血が必要となり、献血によって助かったという経験を紹介。

今月14日(日)の「世界献血者デー」は、血液という「いのちを救う贈り物」をくれる献血者の皆様に感謝し、血液製剤を必要とする患者様のために、献血が欠かせないことを知ってもらう日だ。その一環として、5年目を迎える「LOVE in Action Meeting」が、今年も6月11日(木)、12日(金)の2日間、日本武道館にて行われる。

羽生選手は、「献血してくれた人たちに対して、直接ありがとうを伝えられる機会があまりない中で、このように敬意を表す日があるというのは、とても貴重ですね。献血は命にも関わりますが、心にも影響するものだと思うので、是非みなさんで献血の大切さや想いをシェアして頂きたいです」と締めくくった。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top