『アウトレイジ ビヨンド』超え! 『龍三と七人の子分たち』追加上映が続々決定

映画

-(C) 2015『龍三と七人の子分たち』製作委員会 
  • -(C) 2015『龍三と七人の子分たち』製作委員会 
  • -(C) 2015『龍三と七人の子分たち』製作委員会 
  • 藤竜也、北野武監督、近藤正臣/『龍三と七人の子分たち』の完成披露試写会
  • 北野武監督、藤竜也、近藤正臣、中尾彬、安田顕/『龍三と七人の子分たち』初日舞台挨拶
4月25日に全国246スクリーンで公開を迎えた北野武監督17作目の最新作『龍三と七人の子分たち』。本作が、北野監督作品史上初めて公開初週の映画観客動員ランキング1位を記録した『アウトレイジ ビヨンド』をも超える快挙を達成したことが明らかとなった。

本作の主人公は、なんと引退した元ヤクザの“ジジイ”たち。金無し、先無し、怖いモノ無し!? 何もかも失った彼らだったが、ある日、元組長の龍三(藤竜也)がオレオレ詐欺にひっかかってしまう。「若い者に勝手な真似はさせられねぇ」と、昔の仲間を呼び寄せ、世直しに立ち上がるが…。

主演の藤竜也を始め近藤正臣、中尾彬ら平均年齢73歳の超ベテラン俳優たちが個性豊かでどこかチャーミングなジジイを演じ、軽快なテンポで進むストーリーで老若男女を魅了した本作。劇場では中高年~シニアが牽引し、家族連れや若年層カップルの姿もどんどん増えており、劇場内での大爆笑と、エンドロールでの拍手喝采を経験した観客たちが「とにかく笑えた!」「ジジイがかわいすぎる!」とクチコミやネット上で評価したことで、動員数が伸び続け、ゴールデン・ウィークには公開初日を超える興行成績を叩き出し、5月15日には『座頭市』(’03)、『アウトレイジ ビヨンド』(’12)に続き劇場動員数100万人を突破。そして公開35日目となる5月29日(金)、遂に『アウトレイジ ビヨンド』の最終興行成績14.5億円を超え、5月31日(日)には動員120万人を記録! 興行収入15億円に迫る勢いをみせている。

さらにこの勢いを経て、本作を上映する劇場がさらに追加されることも決定。6月13日(金)以降、全国34館にて順次追加上映を予定している。

先日、第24回日本映画批評家大賞にて最高賞であるダイヤモンド大賞(淀川長治賞)を藤さんが受賞し授賞式に登壇した際にも、審査員から「今日は龍三親分に会えて嬉しい」「親分、今日は子分は一緒じゃないんですか(笑)?」といった発言が飛び出すなど、映画批評家も“大暴れジジイ”に首ったけの様子。公開館数も着実に増え、いまだ勢いが止まらない本作。愛すべき“ジジイ”たちは、まだまだ全国で大暴れを続けてくれそうだ。

『龍三と七人の子分たち』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top