主要キャストが勢ぞろい! 新劇場版『頭文字D』大ヒット舞台挨拶レポート

最新ニュース

(C)しげの秀一/講談社・2015新劇場版「頭文字D」L2製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2015新劇場版「頭文字D」L2製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2015新劇場版「頭文字D」L2製作委員会
5月23日より、『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』が公開中だ。しげの秀一の大ヒットマンガを原作にする本シリーズは、新たな技術と演出で物語をスタートから描き直す。全3部作を予定しており、今回は妙義ナイトキッズの中里毅の対決を中心に描く第2部だ。
やはりみどこは、車でのバトルだろう。しかも、サンジゲンと ライデンフィルムによる映像は、最新のCG技術も交えて見応えたっぷりだ。

公開後、好調なスタートを切った本作は、2週目も劇場に熱い盛り上がりを伝えている。2015年5月30日には、『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』の大ヒット舞台挨拶が有楽町・丸の内ピカデリーにて行われた。
舞台挨拶では藤原拓海役を務めた宮野真守、高橋啓介役の中村悠一、高橋涼介役の小野大輔、武内樹役の白石稔と豪華キャスト陣が登壇した。さらに中 智仁監督、制作会社サンジゲン代表の松浦裕暁が姿をみせるなど豪華なものである。
主演を務めた宮野真守はいかに作品に熱を込めたか、熱いコメントを語った。シリーズはまだ続くだけに、今後も期待できそうだ。
また会場では、本作に登場する新劇場版「頭文字D」公式ラッピングカーと豪華キャストのフォトセッションが公開された。また大ヒット公開を祝して鏡開きも行われ、大いに盛り上がるなか、イベントは幕をおろした。

『頭文字D』は、しげの秀一原作のマンガで、「ヤングマガジン」(講談社)において18年間に渡って連載されたクルマ×青春コミックの金字塔。公道、峠を舞台に”走り屋”たちが己の威信をかけて命懸けのレーシングをする。
この新劇場版はサンジゲンによる最新のCG技術で、迫力のカーアクションへとアップデートされている。第2弾ではダウンヒルスペシャリストとして頭角を現し始めた主人公・藤原拓海に引き寄せられ、全国から腕利きの”走り屋”をが集結し、白熱のバトルを展開する。

『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』
http://initiald-movie.com/

主要キャストが勢ぞろい「新劇場版「頭文字D」第2週目も闘走中!舞台挨拶レポート

《廣野 佑典》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top