DAIGO&吉田羊&杉咲花が命を吹き込む! 『アリのままでいたい』ボイスキャスト決定

映画

- (C) 2015「アリのままでいたい」製作委員会
  • - (C) 2015「アリのままでいたい」製作委員会
  • DAIGO- (C) 2015「アリのままでいたい」製作委員会
  • 吉田羊- (C) 2015「アリのままでいたい」製作委員会
  • 杉咲花- (C) 2015「アリのままでいたい」製作委員会
  • 『アリのままでいたい』 - (C) 2015「アリのままでいたい」製作委員会
  • 『アリのままでいたい』 - (C) 2015「アリのままでいたい」製作委員会
  • 『アリのままでいたい』 - (C) 2015「アリのままでいたい」製作委員会
  • 『アリのままでいたい』
7月11日(土)に公開が決定した3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』。福山雅治の「蜜柑色の夏休み 2015」が主題歌に抜擢されたことでも話題の本作のボイスキャストに、映画、ドラマ、バラエティなど各方面で大活躍しているDAIGO、吉田羊、杉咲花が決定した。

私たちの最も身近にいながら、未だに多くの謎に包まれている昆虫。世界唯一の特殊カメラ“アリの目カメラ”を使用し、従来の技術では不可能であった昆虫たちの超クローズアップ映像の撮影を世界で初めて実現させ、まるで昆虫になったかのようなその未知なる世界を撮影した本作。

樹液を争い壮絶なバトルを繰り広げるカブトムシを中心に、多彩な表情を見せる昆虫たちのシーンにDAIGOさん、圧倒的な狩りを披露するカマキリに吉田さん、狩りの腕もまだまだ未熟な生まれたばかりのカマキリに杉咲さんがボイスキャストを務め、三人の感情豊かなナレーションが映画の世界観をより広げていく。

このたびの決定にあたり、DAIGOさんは「アリの目カメラですごく細部までリアルに撮影されているので、より昆虫の世界を知ることができるし、まるで自分もその場にいるような感覚になります。子どもの頃見ても楽しかっただろうし、大人のいまだからこそ『あ、そういうことだったんだ!』と知ることができてとても楽しかったです」と本作を絶賛。カマキリの壮年期、若年期を演じる吉田さん、杉咲さんは「昆虫の一生ってこんなにもドラマティックなんだなって感動しました。命を営んでいくっていうのは犠牲を払うことで、私たち人間は感謝してその命を頂かないといけないと改めて思いました」(吉田さん)、「昆虫の生存競争のシーンはとてもショッキングでした。でも、人間もそうであるように生きてるものを食べていくということに感謝しなければならないし、とても大事なことだと思いました」(杉咲さん)と小さいけれど力強く生きる昆虫たちの姿に圧倒されるとともに、すべての命の尊さを改めて実感した様子。

本作でメガホンを握る鴨下潔監督は「従来のナレーションの概念を打ち破るまさにドキュメンタリーでありながらエンターテインメント満点に映画を仕上げることができたと思います」とその出来栄えに自信のコメントを寄せた。

身近にいながらもいままで知りえなかった昆虫たちの生態。昆虫たちの壮大で神秘的な生き様をあなたも目撃してみては。

『アリのままでいたい』は、7月11日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top