【3時のおやつ】マストでチェックしたい噂のアイスケーキ! 「グラッシェル」夏の新作発売

最新ニュース

表参道のアントルメグラッセ・生グラス(生アイス)専門店「GLACIEL(グラッシェル)」の2015年の夏限定商品。左から、「リゴロ」、「メルバ」、「タルトマンゴーココ」。
  • 表参道のアントルメグラッセ・生グラス(生アイス)専門店「GLACIEL(グラッシェル)」の2015年の夏限定商品。左から、「リゴロ」、「メルバ」、「タルトマンゴーココ」。
表参道のアントルメグラッセ・生グラス(生アイス)専門店「GLACIEL(グラッシェル)」が今年の夏の新商品を6月1日(月)から販売をスタートした。

2013年7月にオープンした「グラッシェル」は今年で2年目の夏を迎える。同店で提供するアントルメグラッセとは、旬のフルーツを贅沢に使ったアイスクリームやシャーベットに美しいデコレーションを施したアイスケーキのことで、これからの暑い季節にぴったりのスイーツなので、ぜひチェックしたい。

今年の夏の新作は3つのアントルメグラッセを用意。一つ目の「メルバ」(2,800円)は、白桃のシャーベット、バニラと桃のリキュールのアイスに、アーモンド生地を組み合わせた。表面は、桃ゼリーでこーティングしてみずみずしさに溢れ、爽やかな夏にぴったりのキュートなアイスケーキに仕上がっている。

2つ目は、ボール状にした青リンゴとライムとミントのシャーベットを飾り付けた「リゴロ」(3,800円)。こちらは昨年夏に発表したフランス国家最高職人フィリップ・リゴロ氏との友情作品をリニューアルしたもので、ネーミングもフィリップ氏にちなんでいる。クリスピー入りのバニラアイスが食感のアクセントになっている。すっきり爽やかなミント系アイスが好きな人におすすめ。

3つ目は、ココナッツとマンゴーのマリアージュが絶妙な「タルトマンゴーココ」。サクサクのタルト生地やフレーク入りのココナッツのアイスなど食感も楽しい。こちらはお中元にもおすすめの商品で、税金送料込みで5,000円。

「グラッシェル」のアイスケーキは、店舗内のカフェでイートインすることもでき、ホールケーキの場合は自宅の冷凍庫で保存すれば1週間ほど持つので、お持ち帰りして皆が集まるパーティやお茶会にもぴったりの涼スイーツ。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top