『劇場版 弱虫ペダル』、キービジュアル&原作者書き下ろしストーリー解禁!

映画

-(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
  • -(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
  • -(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
  • -(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
  • -(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
  • -(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
  • -(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
  • -(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
  • -(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
先日、新キャラクターとその声優を宮野真守が担当することが発表され、徐々に全貌が明らかになってきた『劇場版 弱虫ペダル』。初のオリジナル長編映画として注目を集める本作から、遂にキービジュアルが解禁。さらに、原作者・渡辺航の書き下ろしストーリーの内容や、スタッフ、主題歌についても続々と明らかになった。

「週刊少年チャンピオン」(秋田書店発行)にて連載中、コミックス累計発行部数は1,300万部を超える大人気漫画を原作に、自転車<サイクル>ロードレースにすべてを懸ける高校生たちの戦いとドラマを描いたアニメ「弱虫ペダル」。TVシリーズは第1期、第2期と放送され、8月28日(金)より本作が公開、さらに6月12日(金)には本作公開に先駆けてTVアニメ第2期の新編集版となる『弱虫ペダル Re:ROAD(リロード)』の公開が決定しており、TVアニメ放送終了後も話題が絶えない。

今回明らかになった原作者・渡辺氏による書き下ろしストーリーでは、全国大会<インターハイ>において、激闘の末に見事総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部のその後が描かれる。

主人公・小野田坂道は、夏も終わりに近づく中、卒業を控える3年生の金城、巻島、田所から、「全員で支え合い走りぬく」というチーム総北の魂を受け継いでいくために、日々の練習に取り組んでいた。

そんなある日、チーム総北に、例年インターハイの成績優秀チームが出場する「熊本 火の国やまなみレース」からの出場招待が届く。打倒総北に燃える箱根学園、京都伏見、広島呉南といったライバルチーム、そしてそして“炎のクライマー”吉本を擁する地元熊本台一など、全国の強豪チームが参戦するこのレースに向けて、坂道ら総北メンバーは士気を高めていく。ただ、一人を除いて…。

現行のチーム総北にとって“最後のレース”が、熊本、阿蘇の山を舞台に繰り広げられる。「魂を受け継ぎ、超えていく。」熱き決意を胸に、男たちは再びスタートラインに立つ――!

本作では、TVアニメシリーズで監督を務めた鍋島修を総監督に迎え、アニメ「鬼灯の冷徹」で副監督を務めた長沼範裕が本作で自身初の監督を務める。

主題歌は、アニメ第2期「弱虫ペダル GRANDE ROAD」でオープニングテーマを担当し、映画『弱虫ペダル Re:RIDE』では主題歌を担当した「LASTGASP」の新曲「Link」に決定。また、「LASTGASP」が『弱虫ペダル Re:ROAD』でも主題歌を担当することが明らかとなり、8月19日(水)よりリリースされる新曲「Link」に、『弱虫ペダル Re:ROAD』の主題歌「Believer」も収録されるとのこと。本シリーズを盛り上げてきた彼らの楽曲が、本作でも物語を熱くすること間違いなしだ。

原作者、スタッフ、アーティストら最強の「弱ペダ」チームが集結し、魂を繋ぐ男たちの熱き物語を劇場版ならではの迫力で描き出す本作にいまから期待が高まる。

『劇場版 弱虫ペダル』は8月29日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top