『攻殻機動隊 新劇場版』冒頭12分間を解禁! 

映画

冒頭カット-(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
  • 冒頭カット-(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
  • 冒頭カット-(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
  • 冒頭カット-(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
  • 冒頭カット-(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
  • 冒頭カット-(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
  • 冒頭カット-(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
  • 冒頭カット-(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
  • 冒頭カット-(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
原作漫画誕生25周年を記念し、「攻殻機動隊」の誕生の秘密に迫った完全新作ストーリーで贈る『攻殻機動隊 新劇場版』。6月20日(土)の公開を目前に、この度、本作の冒頭12分間にも渡る本編映像が解禁となった。

1989年、士郎正宗による原作「攻殻機動隊」が誕生。1995年には押井守監督による映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』が公開され、その圧倒的な作品世界と映像表現により、ウォシャウスキー姉弟(『マトリックス』)やジェームズ・キャメロン(『タイタニック』『アバタ―』)を始めとする世界中のクリエイターに影響を与え、後のSF映画の映像表現に革命を起こしたといわれる本シリーズ。

今回解禁された冒頭12分間では、本作の物語の鍵となる“大使館人質事件”“総理大臣暗殺事件”の2つの事件の勃発が描かれている。

大使館で起きた人質事件の捜査に乗り出す草薙素子たち7名。しかし事件の背後には電脳ウィルス【ファイア・スターター】の存在が見え隠れし、スナイパーであるサイトーは、事件の鍵を握る衝撃的な人物を目撃する。

時を同じくしてホテルで秘密会談中の総理大臣と、同席する草薙素子のかつての上司である501機関のクルツ。部屋に運びこまれたトランクは、クルツによる静止も間に合わず、総理大臣自らの手によって爆発し、戦後最大の事件である「総理大臣暗殺事件」が発生してしまう…。



映像では、「攻殻機動隊」の見どころである電脳会議シーンや迫力のアクションシーンを、冒頭から余すところなく披露。この2つの大きな事件を契機に、草薙たち“はぐれ者の寄せ集め集団”がいったいどのような物語を展開していくのか…続きが気になる映像に仕上がっている。

全世界が注目する本作の世界観を、いち早く体験できる本映像を見ながら公開に備えたい。

『攻殻機動隊 新劇場版』は6月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top