「三代目JSB」NAOTO、2度フラれるも「フラれているとは思っていない」

最新ニュース

『攻殻機動隊 新劇場版』舞台挨拶
  • 『攻殻機動隊 新劇場版』舞台挨拶
  • NAOTO/『攻殻機動隊 新劇場版』舞台挨拶
  • 『攻殻機動隊 新劇場版』舞台挨拶
  • NAOTO/『攻殻機動隊 新劇場版』舞台挨拶
  • 坂本真綾/『攻殻機動隊 新劇場版』舞台挨拶
  • 『攻殻機動隊 新劇場版』舞台挨拶
  • 坂本真綾&NAOTO/『攻殻機動隊 新劇場版』舞台挨拶
  • NAOTO/『攻殻機動隊 新劇場版』舞台挨拶
「攻殻機動隊」25周年記念作品『攻殻機動隊 新劇場版』が、6月20日(土)より公開されるのを記念して、9日(火)都内で舞台挨拶が行われた。

SF漫画家、士郎正宗が1989年に漫画として発表し、1995年に押井守監督による長編アニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』が公開されてから、いまもなお愛され続けている「攻殻機動隊」。この日行われた完成披露上映会には、青春を共にした世代の方たちはもちろんのこと、当時はまだ幼かったであろう年代の方まで、幅広い年齢層のファンが集結した。

本作の監督を担当した30代の野村和也監督は、「25年も前から愛されている作品を担当するのは、ものすごいプレッシャーでした」と少しホッとした様子を見せた。脚本を担当した冲方丁は、「デビュー時の教科書みたいな作品だったのですが、本作では監督のアイディアで、青春と卒業というテーマも加わり、現代ならではといった作品になったと思います」と自信を覗かせた。

また、草薙素子役を務めた坂本真綾は、「桜が満開のシーンが最後にあるのですが、アフレコの任務完了した日も満開の桜だったので、映画と現実がリンクした感じがしました」と当時の思い出を紹介。皆それぞれが、終わってしまう寂しさを漏らすと、パズ役の上田燿司は「このメンバーが本当にチームになったな、と思います」と感極まる一場面もみられ、声優陣も興奮が冷めやまない様子だった。

そして、劇中で攻殻機動隊部隊設立に寄付する首相補佐官の藤本修役を演じた、「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」のNAOTOがゲスト出演すると、会場はヒートアップ。元々攻殻機動隊のファンだったというNAOTOさんは「リトルリーグに入った子の初めての登板がヤンキースっていうぐらい、信じられない感じだった」と初めてにして、大舞台でのアフレコを存分に楽しんだ様子だった。

「草薙素子は上司にしたい女性NO.1ですね! 頼れてセクシー」と話すNAOTOさんに、「劇中では草薙素子にフラれていませんでした?」とMCから突っ込みが入るも、「え? 僕はフラれているとは思っていませんけど」と、諦めきれていない様子のNAOTOさん。しかし、「すごく親切にお断りさせて頂きましたよ」と草薙素子役の坂本さんにズバッと言われ、結果的に2回もフラれてしまう羽目となった。

25周年にちなみ、NAOTOさんから坂本さんに「夢が叶った」という花言葉の青いバラ25本が贈られると、何故か製作総指揮間を務めた石川光久からも坂本さんへ25本のバラが贈られ、困惑する坂本さんだったが、「このバラは、みんなでもらったものだと思っています」とチーム一丸となって闘ったことへの感謝を述べた。

『攻殻機動隊 新劇場版』は6月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top