より良い未来を築くのは「諦めない気持ち」 『トゥモローランド』監督が熱弁

最新ニュース

『トゥモローランド』ブラッド・バード監督/photo : Ryo Uchida
  • 『トゥモローランド』ブラッド・バード監督/photo : Ryo Uchida
  • 『トゥモローランド』ブラッド・バード監督/photo : Ryo Uchida
  • 『トゥモローランド』(C)2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.
  • 『トゥモローランド』(C)2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.
  • 『トゥモローランド』ブラッド・バード監督/photo : Ryo Uchida
  • 『トゥモローランド』(C)2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.
  • 『トゥモローランド』(C)2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.
  • 『トゥモローランド』日本版ポスター (C)2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.
快進撃を続けるディズニーが放つ最新作『トゥモローランド』をひっさげ、ブラッド・バード監督が来日。「より良い未来(トゥモロー)を築き上げるのは魔法ではなく、諦めない気持ち」とウォルト・ディズニーの遺志を受け継ぐ本作にこめた思いを熱弁した。

世界中で起こる危機を監視するフランク(ジョージ・クルーニー)と、不思議なピンバッチに導かれた17歳の少女ケイシーが、「すべてが可能になる理想地」トゥモローランドに秘められた人類存亡のカギに迫る『トゥモローランド』。ディズニーランドのテーマエリアの一つとして実在する“アトラクション”と、その知られざる存在理由という“フィクション”が融合した、斬新な冒険ミステリーだ。

「確かにミステリーにSF、冒険やおとぎ話に加えて、ロードムービーの要素も含まれた欲張りな映画になったね。1本で5本分楽しめるはずだよ」と手応えを示すバード監督。『Mr.インクレディブル』『レミーのおいしいレストラン』で2度のアカデミー賞長編アニメ賞に輝き、初の実写作品となった『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』を成功させたそのフィルムグラフィーに、新たな1ページが書き加えられた。

作品にはバラエティ豊かな娯楽性に加えて、力強いメッセージ性も込められている。物語の背景にあるのは、テロや環境破壊、経済危機といった現代社会が抱えるさまざまな不安だ。「それでも、より良い未来に種をまき、水や栄養を与える気持ちを忘れちゃいけないんだ。自分の夢を信じ、一歩一歩進むことで切り開かれる世界が必ずあるはず。その象徴が、トゥモローランドなんだ」(バード監督)

バード監督自身は、子ども時代にどんな未来を思い描いていたのか? 1957年生まれで、「子どもの頃は、冷戦が及ぼす恐怖を感じていた」と言うバード少年が夢中だったのは、アニメーション製作だった。「アニメを作り始めたのは11歳の頃かな。“BIG SHOT”と名付けたネズミのキャラクターを主人公にしたんだ。彼の移動手段は、キャノン砲(笑)。子どもだったから『ネズミがキャノン砲で飛んでいくなんて、超クール』って思ったけど、いま考えると何とも非効率的だよね」と屈託なく笑う瞳は、少年そのもの。

そんなピュアな前向きさは、『トゥモローランド』の根底にも流れている。「映画作りで一番大切にしているのは、常に作品をより良いものにしようと、改善を追い求めること。怠惰な現場はきらいだよ」という言葉にも思わず納得だ。つい最近まで新たな『スター・ウォーズ』のスピンオフ第2弾で、監督を務めるのではと報じられていたが、今回のインタビューでは「いまは『Mr.インクレディブル2』に着手したところだよ」と次回作について明かしてくれた。

『トゥモローランド』は6月6日(土)より全国にて公開。
《photo / text:Ryo Uchida》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top