【予告編】チェコ発“ゆるキャラ”の大冒険に女優・菊池亜希子もコメント『クーキー』

映画

『クーキー』 (C)2010 (C)Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska_
  • 『クーキー』 (C)2010 (C)Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska_
  • 『クーキー』 (C)2010 (C)Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska_
  • 『クーキー』 (C)2010 (C)Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska_
  • 『クーキー』 (C)2010 (C)Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska_
  • 『クーキー』 (C)2010 (C)Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska_
  • ヤン・スヴェラーク監督/『クーキー』 (C)2010 (C)Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska_
  • 『クーキー』 (C)2010 (C)Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska_
  • 『クーキー』 (C)2010 (C)Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska_
愛らしく、“へなちょこ”なテディベアが主人公となるパペット映画『クーキー』。このほど、日本での公開日が8月22日(土)に決定。併せて予告映像が解禁され、本作が生まれたチェコに縁の深い女優・菊池亜希子からコメントが到着した。

主人公のクーキーは、ぜんそく持ちの男の子・オンドラと、小さなころからずっと一緒にいるテディベア。しかし、オンドラのぜんそくへの影響を心配した母親は、ある日、クーキーをゴミと一緒に捨ててしまう。街から遠く離れたゴミ捨て場から、間一髪で逃げ出したクーキー。果たして、次々と立ちはだかる邪魔者を乗り越え、無事にオンドラの待つ家にたどり着くことができるのか!?

本作は、第69回アカデミー賞「外国語映画賞」を獲得した映像作家ヤン・スヴェラーク監督と、世界的にも有名なゲームクリエーター兼デザインチームの「アマニタ・デザイン」という、チェコを代表するクリエーターたちが生み出した作品。チェコ伝統のマリオネットによるパペット映画でありながら、スタジオを飛び出して実際の森の中にロケセットを組み、パペットの世界と実写を融合。撮影に費やした時間は、なんと予定の3倍となる100日にも及んだという。スヴェラーク監督は、「とにかく本物らしい作品にしたかったので、撮影も極力本物の自然の中で行うようにしました」と、本作へのこだわりを語っている。

今回解禁された予告編で目にすることができる、キャラクターたちが森の中を動きまわる様子も、まるで命を吹き込まれたかのよう。クーキーが持ち主の少年オンドラのもとへ帰るため繰り広げる、スリリングなカーチェイスのシーンに登場する車は、乗用車と同じくガソリンで走る、本格的な“おもちゃの車”になっているというから驚きだ。



チェコに縁が深く、エッセイ「みちくさ」(小学館刊)も執筆している女優の菊池さんも、ひと足早く本作を鑑賞し、本作の世界観に魅了された様子。「ずっと一緒だよと約束したあの子といつどうやってお別れしたのか、私は思い出すことが出来ない。クーキーの眩しい未来を見つめながら、私のあの子を思って、ちょこっと泣いた」とコメントを寄せている。

チェコの伝統文化と最新の技術のコラボレーションによって生み出された、イマジネーション豊かでキュートな大冒険を、まずはこちらの映像から堪能してみて。

『クーキー』は8月22日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《椎名あい》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top