市原隼人「うずいています」 主演作『極道大戦争』公開近づき武者震い!

最新ニュース

市原隼人/『極道大戦争』ヒット祈願イベント
  • 市原隼人/『極道大戦争』ヒット祈願イベント
  • 成海璃子、市原隼人、高島礼子、三池崇史監督/『極道大戦争』ヒット祈願イベント
  • 市原隼人、高島礼子/『極道大戦争』ヒット祈願イベント
  • 成海璃子/『極道大戦争』ヒット祈願イベント
  • 成海璃子、市原隼人、高島礼子/『極道大戦争』ヒット祈願イベント
  • 成海璃子、市原隼人、高島礼子、三池崇史監督/『極道大戦争』ヒット祈願イベント
  • 成海璃子、市原隼人、高島礼子、三池崇史監督/『極道大戦争』ヒット祈願イベント
  • 成海璃子/『極道大戦争』ヒット祈願イベント
市原隼人が6月15日(月)、東京・千代田区の神田明神で行われた主演作『極道大戦争』のヒット祈願イベントに、共演する成海璃子、高島礼子、三池崇史監督とともに出席。「こんなクレイジーな台本は初めて。公開が近づき、うずいています」と武者震いしていた。

本作は“ヤクザヴァンパイア”に噛まれたら、誰もがヤクザになってしまうという衝撃の極道エンターテイメント。三池監督が原点回帰と位置づけた、渾身の完全オリジナルストーリーであり、第68回カンヌ国際映画祭「監督週間」で旋風を巻き起こしたばかりだ。現地入りした三池監督は、「誰も見たことがない映画として受け入れられた。カンヌの観客は基本的に厳しい目を持っているが、みんな驚きながら楽しんでくれた」と報告していた。

また、市原さんについて、「アクションでけがをしても、意に介さず撮影をやり遂げる集中力がすごい」と絶賛する三池監督は、「もし生まれ変われるなら、市原隼人になりたい! アツすぎて家族は迷惑かな(笑)」と敬意を表した。

一方、女優陣も「現場では、ウソと思うようなことがたくさんありました」(成海さん)、「私が演じるのは、ヤクザの“若頭”。でも、何でもアリの三池さんの世界だから、ありがたく演じさせてもらった」(高島さん)と唯一無比の三池ワールドに心酔していた。この日、4人は季節先取りの浴衣姿で、イベントに臨んだ。

『極道大戦争』は6月20日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top