三池崇史監督が不在で?『極道大戦争』初日に市原隼人らキャスト陣言いたい放題

最新ニュース

成海璃子&市原隼人&リリー・フランキー/『極道大戦争』初日舞台挨拶
  • 成海璃子&市原隼人&リリー・フランキー/『極道大戦争』初日舞台挨拶
  • 成海璃子&市原隼人&リリー・フランキー/『極道大戦争』初日舞台挨拶
  • 青柳翔&高島礼子&成海璃子/『極道大戦争』初日舞台挨拶
  • 青柳翔&高島礼子&成海璃子&市原隼人&リリー・フランキー&でんでん&坂口茉琴/『極道大戦争』初日舞台挨拶
  • 成海璃子&市原隼人/『極道大戦争』初日舞台挨拶
  • リリー・フランキー&でんでん&坂口茉琴/『極道大戦争』初日舞台挨拶
  • KAERU君/『極道大戦争』初日舞台挨拶
三池崇史監督の最新作『極道大戦争』の初日舞台挨拶が6月20日(土)、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、市原隼人、成海璃子、リリー・フランキー、高島礼子、青柳翔(劇団EXILE)、でんでん、坂口茉琴が登壇した。

三池監督が原点回帰と位置づけた、渾身の完全オリジナルストーリーを映画化。“ヤクザヴァンパイア”に噛まれたら、誰もがヤクザになってしまうという衝撃の極道エンターテイメントで、第68回カンヌ国際映画祭「監督週間」での公式上映でも大旋風を巻き起こした。

この日は新作の撮影を理由に、三池監督は残念ながら欠席。その穴を埋めようと(!?)、市原さんらキャスト陣は、本作の“ハチャメチャ”な世界観について言いたい放題だった。

「クレイジーでぶっ飛んだ作品。すべてがオリジナルというのも本当にすごい」と市原さん。ヒロインを演じる成海さんは「台本を読んでも、何が何やらで、すごく混乱しました。でも、この祭りには参加したいなと思った」と笑顔を見せた。

「よく分からない…でも面白い! ぜひ感性で楽しんで」(高島さん)、「深く考えるのはやめようと思った」(青柳さん)、「台本を読んで、これ準備稿だと思った(笑)。よくこんな企画が通ったな」(でんでんさん)、「まるで刺激的な絵本みたい」(坂口さん)と、やはり唯一無比な三池ワールドに圧倒されたようだ。

いちばん“舌”好調だったのがリリーさんで、「イカれている」「この映画が公開されるなんて思っていなかった」「現場では“R-28”くらいの描写も。これ、誰が観られるの? と思った」とリリーさん流の賛辞を贈っていた。

『極道大戦争』は全国で公開中。北米を始め、世界21か国での公開が決定している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top