樹木希林に続き…斎藤工もファンの撮影許可!「映画の宣伝担当になって」

最新ニュース

斎藤工/『虎影』初日舞台挨拶
  • 斎藤工/『虎影』初日舞台挨拶
  • 斎藤工/『虎影』初日舞台挨拶
  • 斎藤工/『虎影』初日舞台挨拶
  • 津田寛治&しいなえいひ&斎藤工&芳賀優里亜&石川樹&西村喜廣監督/『虎影』初日舞台挨拶
  • 斎藤工/『虎影』初日舞台挨拶
俳優の斎藤工が6月20日(土)、主演作『虎影』の初日舞台挨拶に出席し、「今日、来ていただいたお客様に宣伝担当になってほしい」とファンによる写真撮影を許可した。観客の撮影に関しては先日、女優の樹木希林が同じように認めて、話題を集めたばかりだ。

かつて「忍びの世界で最強」と名を馳せた伝説的な忍者・虎影が、人質に取られた家族を救うため、再び刀を抜き、宝のありかを示す巻物をめぐる攻防に身を投じるアクション作品。斎藤さんと長年の親交があり、実写版『進撃の巨人』で特殊造型プロデューサーも務める西村喜廣監督がメガホンをとる。

「配給が決まる前から、監督とどのように作品を広げていくか作戦を練った。この作品に関しては、主演兼宣伝担当です」と熱い思いを語った斎藤さん。それだけに、「より多くの人に作品を知ってほしい」という気持ちも強く、今回の“写真撮影OK”が実現したのだとか。「決して大きな規模の作品ではありませんが、だからこそ『手で届ける』という気持ちで、作品の行く末を見守りたい」と決意を新たにしていた。

一方、トラの被り物で登場した西村監督は「マンガ原作が多いなかで、完全オリジナルの作品を完成させるのは苦労も多かった」と明かし、「忍者アクションだが、描きたかったテーマは家族のきずな」とアピール。「今後もずっと続けていきたい」と『虎影』のシリーズ化にも意欲を燃やしていた。

東京・新宿武蔵野館で行われた初日舞台挨拶には斎藤さんと西村監督に加えて、芳賀優里亜、しいなえいひ、津田寛治、子役の石川樹くんが登壇した。

『虎影』は新宿武蔵野館ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top