斎藤工、主演作『虎影』に自信!メイキング映像を独占入手「家族の部分が軸」

映画

斎藤工『虎影』 ー(C)2014「虎影」製作委員会
  • 斎藤工『虎影』 ー(C)2014「虎影」製作委員会
  • 斎藤工『虎影』 ー(C)2014「虎影」製作委員会
  • 斎藤工『虎影』 ー(C)2014「虎影」製作委員会
ドラマ「医師たちの恋愛事情」に主演し、いま最も旬な俳優として活躍する斎藤工と、実写版『進撃の巨人』で特殊造形プロデューサーを務める西村喜廣監督がタッグを組んだ映画『虎影』が、いよいよ6月20日(土)より公開となる。このほど、本作のメイキング映像をシネマカフェが独占入手。斎藤さんのコメントに加え、吹き替えなしの迫力アクションに挑んでいる様子が明らかになった。

虎影(斎藤工)は、里の片隅で妻・月影(芳賀優里亜)、そして5歳になる息子の孤月と幸せに暮らしていた。だが、ある日、財宝を手に入れたい“忍”の首領に孤月を人質にとられ、夫婦2人は再び任務に就くことに。かつて“最強”と呼ばれた男は、愛する者を守るため、再び刀を抜くが、命懸けの財宝争奪バトルロイヤルに巻き込まれていく――。

かつてない新時代のアクション・エンタテインメントとなる本作。現在、一番の注目株といわれる斎藤さんは、魅力的なその風貌はそのままに“忍”の衣装に身を包み、天性の運動神経を活かした迫真のソードアクションを存分に披露する。

届いた映像には、息子・弧月を背負いながら竹製のパワードスーツで敵の“くノ一”2人と激闘するシーンや、崖を駆け上がるシーンのクレーンアクションに体当たりで挑む斎藤さんの姿が。また、吹き替えなしのソードアクションのシーンは圧巻だ。



そんな斎藤さんは、「今回いままでとの大きな違いは、家族の部分が本当に軸になっている。だからファミリー映画なんですよね。もちろん西村監督テイストの描写はたくさんあるんですけど、たぶんそこを1番大事にしているんじゃないかなと思います」とコメント。

アクション俳優としての開眼のみならず、西村監督のもとで家族を描いた本作に手応えを覗かせていた。

『虎影』は6月20日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top