梶裕貴ら『進撃』声優陣、マント&調査兵団ジャケットで登壇し喝采!

最新ニュース

梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、荒木哲郎監督/『劇場版 進撃の巨人 後編~自由の翼~』初日舞台挨拶
  • 梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、荒木哲郎監督/『劇場版 進撃の巨人 後編~自由の翼~』初日舞台挨拶
  • 梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、荒木哲郎監督/『劇場版 進撃の巨人 後編~自由の翼~』初日舞台挨拶
  • 梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、荒木哲郎監督/『劇場版 進撃の巨人 後編~自由の翼~』初日舞台挨拶
  • 梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、荒木哲郎監督/『劇場版 進撃の巨人 後編~自由の翼~』初日舞台挨拶
アニメーション映画『劇場版 進撃の巨人 後編~自由の翼~』が6月27日(土)に公開を迎え、声優を務めた梶裕貴、石川由依、井上麻里奈に荒木哲郎監督が揃って舞台挨拶に登壇した。

累計5千万部突破の諌山創の大ヒット漫画のTVアニメシリーズの総集編として製作された本作。新たに製作されたシーンを加えつつ、今回の後編はTVシリーズの14話~25話をベースに、主人公・エレンら調査兵団と巨人の戦い、彼らが巨人の謎に迫っていくさまを描き出す。

梶さんらはマントに身を包んだ姿で客席後方より登場し、壇上に上がるとマントを脱ぎ捨てたが、その下には調査兵団のジャケットを着ており、会場は歓声に包まれる。梶さんは「やっとみなさんにご覧いただけます。『進撃の巨人』はいろんなコラボレーションがありますが、その神髄はやはり、本編のドラマにあります。前編を見て僕自身も早く後編を見たいと思ってました!」と興奮した面持ちで語る。

石川さんは後編の見どころとして「調査兵団としての戦い」を挙げ「女型の巨人が…」とその一部を明かすが、すかさず梶さん、井上さんから白々しく「えぇ? そんなのが出てくるの?」と追及。石川さんは苦笑交じりに「きっと戦うんです(笑)。わかんないですけど(笑)、いろんなシーンが盛り上がって『面白かった!』と思ってもらえる映画になってると思います」と語る。

井上さんは、そんな石川さんからの流れを完全に無視し、あっさり「女型の巨人が出てきて、それを中心に展開します!」とあっさりと明かし、会場は爆笑。自身が演じるアルミンについても「見どころ満載です! アルミンの良さが前面に出てきます」とアピールした。

荒木監督は、梶さんが語ったのと同様に「もちろんアクションが見どころではありますが、『進撃の巨人』のいいところはアクション以上にドラマです」とエレンらが織りなすドラマこそがポイントだと強調。TVシリーズを2時間の映画にするうえで、もう一段階、磨き上げる作業を行い、この作品の本質を明らかにすることができたと思います」と自信をのぞかせた。

梶さんは改めて本作、そしてTVシリーズについて「魂を込めて収録した」と強い思い入れを吐露。最後は観客と一緒に「心臓を捧げよ!」のポーズを決め、作品の船出を祝った。

『劇場版 進撃の巨人 後編~自由の翼~』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top