【インタビュー】梶裕貴<前篇> 若き日の苦悩と転機…先輩声優からの言葉

最新ニュース

「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」梶裕貴
  • 「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」梶裕貴
  • 「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」梶裕貴
  • 「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」梶裕貴
  • 「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」-(C) 二ノ宮知子/講談社 -(C) 2014 Group8 & SPO All Rights Reserved.
  • 「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」-(C) 二ノ宮知子/講談社 -(C) 2014 Group8 & SPO All Rights Reserved.
  • 「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」-(C) 二ノ宮知子/講談社 -(C) 2014 Group8 & SPO All Rights Reserved.
  • 「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」-(C) 二ノ宮知子/講談社 -(C) 2014 Group8 & SPO All Rights Reserved.
  • 「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」-(C) 二ノ宮知子/講談社 -(C) 2014 Group8 & SPO All Rights Reserved.
普段は俺様系なのに、ふとしたときに見せる優しさが憎めないツンデレ系男子。紳士的で優しいけれど、ここぞというときは男らしい王子様系男子。正反対の魅力を持つ男性の間で揺れる心は、乙女の永遠の命題のひとつ。

そんな乙女心について「女性は、いわゆるツンデレみたいなところが良いのかもしれないですけど…」と言いながらも「のだめは千秋先輩のもとに行ってしまいますが、極力皆様にはユヌを気に入っていただけるように頑張りました」と意気込みを語るのは、韓国ドラマ版「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」でオリジナルキャラクター、イ・ユヌ役の吹き替えを担当した人気声優・梶裕貴だ。

「ポケットモンスターXY」で発明大好きな優しいメガネっこ男子・シトロン役から、「進撃の巨人」では巨人の駆逐に執念を燃やすエレン役、さらに「アオハライド」で恋に悩める思春期真っ只中の高校生役まで…一聴、ひとりの人間が演じているとは思えないほどに幅広い“少年期”の役を演じ分け、アニメやゲームの流行と共に広がりをみせる昨今の声優ブームの中でも、確固たるイメージと、唯一無二の魅力を放つ梶さん。だが、本作では、定評のある“少年期”の役とは一味違う、いつもよりも少しお兄さんで、甘くほろ苦い“大人の恋愛”に挑戦した。

新しい魅力を表現した本作への想いを訊ねる内に、いままであまり語られなかった“吹き替え”に対する想い、そして声優としての彼の理想が見えてきた――ロングインタビュー<前篇>。

本作は、天才音大生であり完璧主義者の千秋真一(チャ・ユジン)と、彼に恋するピアノ科の落ちこぼれ音大生・野田恵(ソル・ネイル)との成長と恋模様を描いたクラシック音楽コメディ「のだめカンタービレ」の韓国ドラマ版。原作の魅力はそのままに、梶さん演じるオリジナルキャラクター、イ・ユヌが千秋先輩の恋のライバルとして登場する。2人の仲を揺るがすオリジナルキャラとして、さらに胸キュン度を上げる活躍を見せている。

まずは、大人気作品でオリジナルキャラクターとして参加することとなった率直な感想を聞いてみた。

「『のだめカンタービレ』という、既にアニメやドラマなどでメディア化されていた人気作品に、まさか途中から参加できるとは思っていなかったのでとても嬉しかったですね。その上、オリジナルキャラクターのイ・ユヌという、のだめを千秋と奪い合う恋敵という大事な役所で…。当然プレッシャーはありつつ、でも楽しみながら収録させていただきました」。

イ・ユヌは、海外の名門音大に通うイケメンチェリスト。あるとき偶然耳にしたネイル(のだめ)のピアノ演奏とその人柄に惚れ、突然、ネイルとユジンが在籍する学園へと転入してくる。その後、ネイルを「“僕の”ネイル」と呼び、優しく振舞い、ついにはユジンとネイルが住むアパートにまで引越してくるという猛アタックっぷり! いつも優しくて紳士的なユヌと、クールで俺様なユジンの間でネイルの心は揺れるのだが…。

「ユヌは、ユジン(千秋先輩)とは対象的に、優しく柔らかい印象のあるキャラクター。ユジンとの対比、ギャップが出るような構図だったので、とにかくその誠実さ、清潔感みたいなものを意識しながら演じさせていただきました」と役作りについて解説。対比から生み出したというこの王子様的キャラクターは、ネイルだけでなく観る者の乙女心まで揺さぶる魅力的なオリジナルキャラクターに仕上がっている。

ひとつひとつの言葉を丁寧に、かつ真剣に選びながら答える姿が、まさに演じたイ・ユヌのように、優しく、誠実な雰囲気そのままの梶さん。

「僕も極力、人に優しく接することができればと思っています。どちらかと言ったらユヌタイプだと思いますね」と自らも共通点を感じているようで、ユヌなりの優しさや強さが理解できたとも。

「のだめに対して、演奏家として、そして男としての想いを伝えるところとか、ユジンに対して強い言葉を投げかけるシーンは、彼の儚さ、それと同時に芯の強さも感じられて、その辺りは、同姓でありながらもすごくカッコいいなと感じました」と、“男”としても共感する部分があったようだ。

男として共感できるという話だが…梶さんにも、ユヌのように女性を奪い合うような経験があったのだろうか?

「僕はこんなにバチバチできませんね(笑)。いや、気持ちとしてはたぶん好きな子がいたらそれくらいの想いがあるとは思うんですけど、恋敵を前にどうこうっていうのは、正直できない…というか、しないというか。その子と1対1のときに攻めたいですね(笑)」と照れくさそうに告白。自分とは少し違ったガンガン攻めるタイプのユヌについて「男らしいですよね。 彼が言ってること、間違ってないと思います。もうちょっとユジン先輩もネイルに優しくていいんじゃないかって(笑)」と、その想いには賛同しているよう。

声優という仕事は、声帯という“楽器”を演奏するという点で、イ・ユヌと同じく“演奏者”と言えるだろう。実はイ・ユヌは天才チェリストでありながら、人知れず左手に痛みを抱えており、物語中盤ではその痛みが原因で演奏家を続けられるかどうかの瀬戸際に立つことになる。

「…なかなかツラいと思いますね。(自分は)故障しないように日頃からケアをしたり、いろいろ我慢していることもあったりしますけど、ユヌも当然そうしているであろう中で、仕事というか、演奏している上で起きてしまったことなので」「彼の『僕には時間がないんだ』という言葉は、非常に胸にくるものがありました。どうしようもない恐怖感、だからこそ今やれることをやっておきたい、という想いがものすごく伝わってきて、そういったシーンは僕もすごく感情を込めながらお芝居できました」。

演奏者としてユヌの感情に寄り添った梶さんは、さらに「彼にも一度崩れかける、腐ってしまいそうになる展開がありましたけど、そのときの気持ちはものすごく分かります」と、自身も声優を生業とする中で、ツラい経験があったと続ける。そんなとき、梶さんを救う転機となったのが、数々の先輩声優から掛けられた言葉だったという。

「先輩の役者さんからのお言葉は大きいです。今よりも全然仕事が無いとき、その現場その現場で出会った先輩方がたまにご飯に連れてってくださったりしたんです。その時に、『お前は大丈夫だから』というようなお言葉をかけていただいて。でも『嬉しいけど、本当にそんなときが来るのかな?』なんて思いつつ…」「でも結果、こういった素敵な作品で重要な役を任せていただけるようになって、いただいたお言葉、そして先輩方の存在がなければ、もしかしたら僕も途中で腐ってしまっていたかもしれないなと思うと、本当に大切で、ありがたい存在ですね」。

劇中では、ユヌにも自身の怪我と向き合う転機が訪れる。自暴自棄になった彼がいかに立ち直るのか…その過程の迫真の演技には、梶さんのこうした実体験を通した役作りがあったのだろう。

<後篇>では、「のだめ」ファンにはお馴染み、アニメ版でも声優を務めた関智一、川澄綾子ら先輩声優との本作での共演エピソードを語ってもらった。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top