向井理も絶賛! 映画『S-最後の警官-』主題歌にMISIAの新曲

映画

『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』主題歌を担当するMISIA
  • 『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』主題歌を担当するMISIA
  • 『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』主題歌を担当するMISIA
  • 大宮エリーがジャケットを担当する『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』主題歌「流れ星」
  • 『S-最後の警官-THE MOVIE』-(C) 2015「S -最後の警官- THE MOVIE」製作委員会
  • 『S-最後の警官-THE MOVIE』-(C) 2015「S -最後の警官- THE MOVIE」製作委員会
  • 『S-最後の警官-THE MOVIE』-(C) 2015「S -最後の警官- THE MOVIE」製作委員会
  • 『S-最後の警官-THE MOVIE』-(C) 2015「S -最後の警官- THE MOVIE」製作委員会
昨年1月から3月にTBS系で放送され高視聴率を記録したドラマ「S-最後の警官-」の映画化『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』の主題歌を、MISIAが担当することがこのほど明らかとなった。

2009年から「ビッグコミック」にて連載中の人気漫画を映像化した本作。犯人“確保”を目的に組織された警察庁特殊急襲捜査班(National Police Safetyrescue=通称:NPS)が凶悪犯罪に立ち向かう姿を描き、ドラマは高視聴率を獲得。ドラマの放送前から映画化が決定していたという本作の公開が発表され、大きな注目を集めている。

このほど主題歌を担当することが決定したMISIAさんは、ドラマ「S-最後の警官-」でも「僕はペガサス 君はポラリス」を主題歌として提供。今回映画版の主題歌として決定したのは、現在開催中の全国ツアー「星空のライヴ8 MOON JOURNEY」にて未発表曲として披露された新曲「流れ星」だ。本楽曲は、今回の主題歌決定を受け、映画の脚本や世界観に合わせたアレンジを服部隆之が担当し、大編成のオーケストラバージョンとして新たにレコーディングされた。

完成したばかりという楽曲に対してMISIAさんは「『流れ星』は、一つ一つの命の輝きへ語りかけるような歌。レコーディングの際は、歌いあげるというより、語る・話しかけるよう歌うことを心がけました。皆さんが身と心を捧げ作り上げられた、命・生きることへのメッセージを持った映画『S-最後の警官-』と共にこの歌のメッセージが沢山の方に、一人一人の心に、伝わりますよう願っております」とコメントを寄せている。

さらに、主演の向井理も本楽曲を絶賛! 「ドラマに引き続き、優しく温かい歌です。特に今回の曲は、大切な人が寄り添い包み込まれるような想いを感じます。映画の中で戦う登場人物の気持ちを支えてくれているような、素晴らしい曲です。」と語っている。

また、「流れ星」は、7月8日(水)にデジタルシングルとしての配信リリースが決定。ジャケット写真は、以前よりMISIAさんとは作詞やPVなどでコラボレーションしてきた大宮エリーが担当。現在開催中のツアーで既に披露されたということもあり、ファンの間では既に大きな反響を呼んでいる。

豪華キャスト出演の壮大なアクション大作として期待がかかる本作。まずはこちらの主題歌から、公開への期待を膨らまそう。

映画『S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』は8月29日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top