綾野剛、“ヒゲ店”からテロリストまで…ニュートラルな役者の大躍進

最新ニュース

『ピース オブ ケイク』(C)2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 『ピース オブ ケイク』(C)2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 『ピース オブ ケイク』(C)2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 『ピース オブ ケイク』(C)2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 『新宿スワン』 - (C) 2015『新宿スワン』製作委員会
  • 『新宿スワン』 - (C) 2015『新宿スワン』製作委員会
  • 『新宿スワン』 - (C) 2015『新宿スワン』製作委員会
  • 『S-最後の警官-THE MOVIE』-(C) 2015「S -最後の警官- THE MOVIE」製作委員会
  • 2015「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」製作委員会(C)小森陽一、藤堂 裕/小学館
おそらくいま、日本で最も多忙な俳優の1人、綾野剛。あるときは、SAT(警視庁特殊部隊)のスゴ腕スナイパー、あるときは、人のよいレンタルビデオ店のヒゲ店長、そしてまたあるときは、巨大ヘリと原発を狙うテロリスト…。さらにこの10月からは、初の単独主演ドラマ「コウノドリ」(TBS)で産科医でありながら天才ピアニストという難役にも挑む。2015年、出演映画は5本。来年には、佐藤浩市主演の『64-ロクヨン-』、渡辺謙主演の『怒り』への参加が発表されている。さまざまな役柄を演じ分け、その勢いをますます加速させる、遅咲きの“カメレオン俳優”に迫った。

佐藤健、福士蒼汰ら、数多くの人気俳優を輩出し、若手の登竜門といわれる平成仮面ライダーシリーズにおいて、「仮面ライダー555」の“怪人”(の人間体)役という、いわば異色ともいえる形のデビューだった綾野さん。その後、バンド活動やインディペンデント系作品に参加をしながら、小栗旬×山田孝之共演の『クローズZERO II』(’09)、さらに『GANTZ』シリーズ(’11)に出演し、注目を浴びた。学生時代、陸上に打ち込んだ抜群の運動センスもあって、キレキレのアクションで魅せる一方、クールでアンニュイ、どこか陰のある“尖った”イメージで強い印象を残した。2010年、ドラマ「Mother」で芦田愛菜が演じる女の子を虐待する、“母”・尾野真千子の恋人を演じていたのも、綾野さんだ。

だが、そんなイメージを覆すかのように、2011年、30歳にして出演したNHK朝ドラ「カーネーション」で心優しい職人・周防龍一を好演。尾野さん演じる戦争未亡人のヒロインとのプラトニックな禁断の恋と、「好いとった(好きだった)」という長崎弁の告白で、全世代の女性たちから支持を集めて一気にブレイクした。

それからの大活躍は周知のとおりで、大河ドラマ「八重の桜」でさらにファン層を広げ、ドラマ「最高の離婚」「空飛ぶ広報室」でも活躍し、映画も『ガッチャマン』から『シャニダールの花』『夏の終り』『横道世之介』と娯楽作から文芸作品、異色ファンタジーまで、ジャンルの垣根を越えて話題作に相次いで出演。2014年には、主演を務めた『そこのみにて光輝く』が作品ととも高い評価を受け、内外にその実力を示した。

今年は、園子温監督『新宿スワン』で主人公の歌舞伎町のスカウトマンを金髪姿で演じていたことも記憶に新しいが、現在公開中の『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』では一転、熱血な主人公・一號(向井理)のライバル、蘇我をクールに演じ切る。また、9月5日(土)に公開が控える『ピース オブ ケイク』では、ヒロインの志乃(多部未華子)が恋に落ちる“ヒゲ店”こと、ヒゲの店長・京志郎を軽妙に演じ、9月12日(土)公開の『天空の蜂』では、主人公・湯原(江口洋介)が設計した巨大ヘリを遠隔操縦でハイジャックする謎の男に扮している。

いまや、作り手がこぞって“オファーしたい”俳優に躍り出た綾野さん。実は、デビュー作「仮面ライダー555」では、わずか数十秒の初日ファーストカットに23テイクもの撮り直しがあったという。だが、そのときの経験が腹を据えて役者をやっていくきっかけとなったこと、鍛えてくれたその現場、特に石田秀範監督には現在も感謝の思いがあることを明かしている。実に、恩義を大事にする男なのだ。

また、プライベートでも親交の深い小栗さん、山田さんら同年代の実力派俳優からの信頼は絶大で、小栗さんに「俺と心中してくんね?」と“口説かれた”ことから事務所を移籍した、という逸話もある。『新宿スワン』で共演した伊勢谷友介は、人の心をつかむ“人たらし”だと表現する。

『ピース オブ ケイク』の田口トモロヲ監督も、綾野さんがこれまでに見せたことのない役だからこそ、等身大のリアル・ラブストーリーに彼を選んだと言う。人なつっこい笑顔がよく似合い、前の彼女を断ち切ることのできない優しさを持ち、「全部ひっくるめて俺を愛してろ!」と告白できる1本筋の通った“ヒゲ店”のキャラ、何より多部さんとの自然体のコンビネーションには、監督も太鼓判を押すほど。

まさに変幻自在に役に徹するストイックさは綾野さんの大きな魅力だが、共演者やスタッフへの確固とした信頼があるからこそ、“役者”としてニュートラルな状態で、あるがままで現場に立つことで、その作品の世界観に自らを染めているようにも思える。さらに、もしかしたら、彼自身から周囲を本気モードにさせてしまう熱波のような何かが、常に発せられているのかもしれない。

そんな強みを持つ綾野さんは、これからも日本映画界に圧倒的な存在感を発揮し続けるに違いない。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top