鈴木亮平、“盟友”生田斗真に「年下なのに悔しいくらい尊敬できる」

最新ニュース

鈴木亮平/『予告犯』ヒット御礼舞台挨拶
  • 鈴木亮平/『予告犯』ヒット御礼舞台挨拶
  • 濱田岳/『予告犯』ヒット御礼舞台挨拶
  • 福山康平/『予告犯』ヒット御礼舞台挨拶
  • 鈴木亮平/『予告犯』ヒット御礼舞台挨拶
  • 濱田岳/『予告犯』ヒット御礼舞台挨拶
  • 中村義洋監督/『予告犯』ヒット御礼舞台挨拶
映画『予告犯』のヒット御礼舞台挨拶が6月29日(月)に開催。生田斗真、鈴木亮平、濱田岳、福山康平、中村義洋監督は観客と一緒に映画を鑑賞し、そのまま、舞台挨拶に登壇するというサプライズで会場をわかせた。

“シンブンシ”を名乗り、法律で裁かれることのなかった犯罪者や悪人に制裁を加え、ネット上で注目を集める犯罪グループとそれを追う警視庁のサイバー犯罪のプロたちの戦いを描くとともに、事件の裏にあるシンブンシたちの真の目的が明かされていく。

この日は観客に一切知らせることなく、生田さんらは本編を客席の一番後ろの席で鑑賞した。上映終了と共に生田さんらの座る席にスポットライトが当たり、生田さんらが「めっちゃいい映画だったねぇ」などと語り始めると、会場は騒然。濱田さんは、隣に座る鈴木さんらから「岳くん泣いてたね」と指摘され「泣いちゃいました(笑)」と照れくさそうに語り、会場は笑いに包まれた。

生田さんは、改めて本編を見ての感想を問われると「やっぱりヒョロでしょ!」と本作が俳優デビュー作であり、シンブンシが起こす事件のカギを握るハーフの少年・ヒョロを演じた福山さんを称賛。「(新人と)全く感じさせず僕らの心を揺さぶった。僕ら(シンブンシのメンバー)は初めてお芝居したときの気持ちを思い出して、福山くんに心を寄せていくようなところがあり、みんな、お兄ちゃんぶってました(笑)」と述懐する。

鈴木さんが「(福山さんがこの先)売れても、『初めては生田斗真です』と言ってほしい(笑)」と語ると、生田さんは「その言い方は…」と苦笑していたが、福山さんは「そう言えるようになるまで頑張りたいと思います!」と今後のさらなる飛躍を誓った。

この日は、公開前からの本作のプロモーション活動の最終日となるということで、改めて登壇陣が“座長”生田さんへの思いを吐露。共にプロモーションで全国を回った濱田さんは、取材の連続の日々も「斗真くんのおかげで乗り越えられた」と語り、7年前にドラマで共演以来、プライベートでも仲の良い鈴木さんは「いつも、現場で(周りを)気遣い、引っ張っていこうとしている。それを見せないんだけど、全ての行動がそうなんだと今回、気づきました。主役にはこれだけの責任があると斗真を見てて思ったし、男として年下なのに、悔しいくらい尊敬できる。斗真が主役だからここまでの作品になった。おつかれさま!」とねぎらった。

生田さんは、仲間たちの言葉に「ソワソワします」と言いつつも嬉しそう。負けじと生田さんも、一人ずつへの感謝の思いを語る。濱田さんに対しては「リハーサルのときから(役柄の)ノビタだった」と称賛。鈴木さんに対しては「今日、上野動物園から連れていたゴリラ(笑)」と軽口をたたきつつ「こんなに真面目でストイックな人はいない! 最近、(鈴木さんの人気が)グワッと来てますが、当たり前です」と褒めちぎる。そして、このメンバーをまとめ上げた中村監督への感謝の思いを口にし、別の作品での再タッグの実現を誓っていた。

『予告犯』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top