山田裕貴&高岡奏輔、新“闇金映画”に出演! 欲望に蠢くリアルな修羅場を描く

映画

『闇金ドッグス』-(C)2015「闇金ドッグス」製作委員会
  • 『闇金ドッグス』-(C)2015「闇金ドッグス」製作委員会
  • 山田裕貴
  • 高岡奏輔
  • 冨手麻妙
『闇金ウシジマくん』「銭の戦争」に続く、裏金融作品『闇金ドッグス』が8月1日(土)より公開されることが決定。この度、TBSの新ドラマ「ホテルコンシェルジュ」に出演する山田裕貴を始め、共演の高岡奏輔、冨手麻妙からコメントが到着した。

若くしてヤクザの親分に成上った安藤忠臣(山田裕貴)は、手下の為に足を洗う事になった。その上、仕事上付き合いのあった闇金業者の小中高志(高岡奏輔)からも追い込みをかけられる始末。ふんだり蹴ったりの忠臣は、小中から、債券の回収の術を学び、自分も闇金になろうと決心する。そして、地下アイドル“けろリズム”(冨手麻妙・紗綾)をこよなく愛するキモヲタニートが客となるのだが、借金の回収に苦戦する。一方、“けろリズム”のえりなは、悪徳事務所社長(津田寛治)に良いようにやられ、イベントやCD発売の度に高額な金銭を要求されていた。なんとしてでもアイドルを続けたいえりなもまた闇金に手を出していた…。

定番のシリーズ「ミナミの帝王」、「ナニワ金融道」シリーズなどテレビドラマや大型映画では描ききれない、闇の世界をこの作品では逃げる事なく描いていく本作。

『ライヴ』で映画初主演を務め、『ホットロード』『ストロボエッジ』など大ヒット作品に立て続けに出演し、2015年ブレイク必至の実力派俳優・山田裕貴が主演を務める。共演に、『クローズZERO』シリーズや『ROOKIES』、最近では「テミスの求刑」(WOWOW)に出演するなど幅広く活躍する高岡奏輔。そして元「AKB48」研究生で近年では『新宿スワン』『リアル鬼ごっこ』『みんな!エスパーだよ!』と園子温監督作品の常連である冨手麻妙が地下アイドルを熱演する。

以下、キャスト陣コメント

■山田裕貴(安藤忠臣役)
今回『闇金ドッグス』という新シリーズで主役演じることができ本当に嬉しいです。自分がまだ普通の高校生だったころにどんぴしゃだったTVや映画の作品で見ていた高岡奏輔さんとの1対1のお芝居は、正直武者震いが止まりませんでした。

■高岡奏輔(小中高志役)
当然ですが、兎に角お金にまつわるエピソードが散りばめられていますから、台本を通しても目がグルグル、頭も使って、この期間はお金の国の受験生のようでした。1度足を踏み入れてしまうと、抜けられない世界のようです。怖い怖い。そんな怖くて、どうしようもない人達の日常をほんの少しだけ切り取って皆さんにお届けします。

■冨手麻妙(けろリズム・えりな役)
とにかく売れるために、一生懸命アイドルをやっている「姫野えりな」を
演じさせていただいたのですが、自分が過去にアイドル活動をしていたという経験もあって、撮影中はそのときの自分にタイムスリップしたかのような感覚でした。「姫野えりな」「冨手麻妙」どっちが本当の自分なのか分からなくなる瞬間もあったり(笑)。驚くほどリアルで生々しい映画です。ズルしないで、真面目に生きましょうね!


そのほか、津田寛治、古澤裕介、紗綾、青木玄徳らが集結。誰にでも訪れるかも知れない、金にまつわるトラブル。堕ちていく男と女。目を背けたくなる暴力。欲望に蠢く人間たち…リアルな修羅場を容赦なく活写する。

『闇金ドッグス』は8月1日(土)より 新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top