佐々木蔵之介&坂口健太郎ら、竹内結子主演『残穢』に出演へ

映画

佐々木蔵之介&坂口健太郎&滝藤賢一/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
  • 佐々木蔵之介&坂口健太郎&滝藤賢一/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
  • 竹内結子&橋本愛/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
小野不由美の最高傑作といわれる小説を、女優・竹内結子を主演に映画化する『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』。若手実力派女優・橋本愛との初共演作でも話題となった本作だが、この度、男性陣の追加キャストが発表され、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一の出演が明らかになった。

女子大生の久保さんという読者から手紙が届く。「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という。好奇心に誘われて調査を開始する久保さんと私。すると、過去にこのマンションに住んでいた人たちが、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていたことが浮かびあがる。彼らはなぜ、別々の場所で、不幸な末路をたどったのか。女子大生の部屋で聞こえた音の正体は? 事件は、「部屋」ではなくその「土地」そのものに原因があるのか? さらに調べを進めていくと、驚愕の真実が明らかになる。すべての事件をつなぐ“残された「穢れ」(けがれ)”、その正体とは――。

『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』を手掛けた中村義洋監督が手掛ける本作。主人公「私」に竹内さん、「私」とともに調査を重ねる久保さん役を神秘的な魅力を放つ橋本さんが好演する。

今回発表されたのは、「私」の同業者で編集者との打合せ中に、「赤ん坊が床から湧いて出る」というエピソードに耳を留め、興味本位で調査に同行する作家・平岡芳明役に、間もなく公演が始まる舞台「マクベス」で一人20役をこなすことでも話題の佐々木蔵之介、筋金入りの心霊マニア・三澤徹夫役に『海街diary』『ヒロイン失格』『俺物語!!』と話題作に引っ張りだこの坂口健太郎、小説家「私」の夫であり、同業者でミステリーやホラーが専門の小説家だが「私」以上の心霊現象否定論者・直人役に個性派俳優・滝藤賢一が抜擢された。

キャスティングについてプロデューサーは「(佐々木蔵之介さんについて)突き抜けて陽気で不気味な知識量をもつキャラクターで、ぐんぐんと2人を導き謎に迫っていきます。何でも面白がる平岡をワクワクと演じて下さいました。(坂口さんについて)中村監督の『予告犯』に続いての連投になります。彼の役は、まるで少年が昆虫採集をする様な、無邪気に怖い話を蒐集するかわいらしさがあり、そんな現実的でないキャラに血を通わせることができました。(滝藤さんについて)普通の人の役を演じられても、ちょっと日常生活からズレているような雰囲気が出てしまいます。彼のお陰で、映画の中に奇妙な風が吹きました。それがどんな風なのかは観てのお楽しみです」とコメントを寄せている。

『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』は、2016年1月30日(土)より全国にて公開予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top