竹内結子×橋本愛、不可解な“音”に耳をふさぐ戦慄のティザーポスター到着『残穢』

映画

竹内結子&橋本愛/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』ティザーポスター (C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
  • 竹内結子&橋本愛/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』ティザーポスター (C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
  • 竹内結子&橋本愛/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
  • 佐々木蔵之介&坂口健太郎&滝藤賢一/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一と、いま話題の男性俳優陣の出演が明らかになったばかりの竹内結子主演、橋本愛共演の『残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-』。本作から、竹内さんと橋本さんが相対する戦慄と衝撃のティザーポスターが到着した。

小説家の「私」(竹内結子)のもとに、「いま住んでいる部屋で、奇妙な音がする」と女子大生の久保さん(橋本愛)という読者から手紙が届く。好奇心に誘われて調査を開始する久保さんと私。すると、過去にこのマンションに住んでいた人たちが、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていたことが浮かびあがる。彼らはなぜ、別々の場所で、不幸な末路をたどったのか。女子大生の部屋で聞こえた音の正体は? 事件は、「部屋」ではなくその「土地」そのものに原因があるのか? さらに調べを進めていくと、驚愕の真実が明らかに。すべての事件をつなぐ“残された「穢れ」”の正体とは――。

第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の同名小説を、『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』などを手がけてきたミステリーの名手・中村義洋監督が映画化する本作。主人公の「私」には、まもなく『インサイド・ヘッド』の公開も控える竹内さん、「私」とともに調査を重ねる久保さん役には唯一無二の神秘さを放つ若手女優の橋本さん。さらに、興味本位で調査に同行する作家・平岡芳明役に佐々木さん、筋金入りの心霊マニア・三澤徹夫役に坂口さん、小説家「私」の夫でありながら「私」以上の心霊現象“否定”論者・直人役に滝藤さんと人気俳優が集結。

“その奇妙な「音」は、ただの始まりでした。”というコピーに呼応して、ある事件の予兆が聞こえてしまった「私」こと竹内さんと、「久保さん」ことの橋本さんの2人が耳を塞いでいる姿が見て取れる。さらに、2人の腕には、何者かの黒い手の跡が! 2人の背景には、日常の風景と、不可解な「音」が繋ぐ世界の両面が描かれており、そこにどんな謎が隠されているのか、期待感が高まるビジュアルとなっている。

やがて、2人がたどり着く戦慄の真相とは? 予定調和を許さないリアルミステリーに、引き続き注目していて。

『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』は2016年1月30日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top