“大人のレゴ(R)ブロック”がブームに! インテリアグッズ制作のオトナ限定イベントも

最新ニュース

大人のレゴ教室がブームに! 写真は、大人レゴ作品。
  • 大人のレゴ教室がブームに! 写真は、大人レゴ作品。
  • 大人限定のナイトイベント「大人のレゴ教室」が大人たちの間で大人気。
  • マスター・ビルダー大澤よしひろ氏。
  • レゴブロックでつくるポケットティッシュケース。
  • 新たに大人レゴ教室で開講されるフォトフレームつくり。色の組み合わせは無限大。
誰もが大人になるまでに一度は触れたことがあると言っても過言ではない、デンマークのブロック玩具「レゴ(LEGO)®」。いま、大人の間でもレゴを使ったインテリアグッズの制作などにハマってしまう人が続出中だという。もはや、子どものためだけでなく万人に愛されるブロックおもちゃとして進化しているようだ。

「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」では、2013年5月より、世界でも12名しか認定されていないレゴ職人(マスター・ビルダー)によるレゴブロックの基本図形や文字などをレクチャーする、大人限定のナイトイベント「大人のレゴ教室」を月に1回程度のペースで開催している。回を重ねるたびに、「もっと高度なテクニックが学びたい」という参加者の声に応えて、2014年7月には中級レベルが開講された。これが毎回すぐに定員に達するほどの人気イベントとなり、"大人のレゴ®ブロックブーム"の火付け役ともなった。

7月25日(土)、および8月22日(土)には、新たな講座としてインテリアグッズなどの制作を通じてより高度なテクニックが学べる「大人のレゴ教室<中級・インテリア編>」の新シリーズ「フォトフレームをつくろう」が開講となる。これまでの講座では「ポケットティッシュケース」を制作してきたが、今回からはさらにアレンジの幅が広がる「フォトフレーム」にチャレンジだ。

「フォトフレーム」はコンパクトサイズながらも、ブロックの組み合わせ方は無限大だから、まさにクリエイティブなワークショップとなる。出来上がった作品も、レゴ®ブロックで挟むことで写真を飾ることができ、写真を飾らないときでもレゴ®ブロックのモザイク画を楽しむことができるユニークなアイテムとなる。

チケット代金は、LDC東京の施設アトラクション利用券が付き、講師料・材料費を含めて、一人3,000円。料金も気軽に参加できる内容だ。

ルーティーン化している日常の仕事で凝り固まった頭も柔らかくできるかも? クリエイティブな発想を刺激し、自由に楽しみながら学べるおすすめ講座。ぜひ一度、覗いてみてはいかがだろうか。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top