”プラントハンター”による希少な植物園「ウルトラ植物博覧会」が銀座で開催

最新ニュース

「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」、ポーラ ミュージアム アネックスにて開催中。8月16日まで。
  • 「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」、ポーラ ミュージアム アネックスにて開催中。8月16日まで。
  • 「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」、ポーラ ミュージアム アネックスにて開催中。8月16日まで。
  • 「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」、ポーラ ミュージアム アネックスにて開催中。8月16日まで。
  • 「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」、ポーラ ミュージアム アネックスにて開催中。8月16日まで。
  • 「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」、ポーラ ミュージアム アネックスにて開催中。8月16日まで。
  • 「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」、ポーラ ミュージアム アネックスにて開催中。8月16日まで。
  • 「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」、ポーラ ミュージアム アネックスにて開催中。8月16日まで。
世界中から集められた約50種の希少植物を展示する「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」が、ポーラ ミュージアム アネックスにて8月16日まで開催中だ。

1980年生まれの西畠清順は、幕末より150年以上続く花と植木の卸問屋「花宇」の五代目。これまでに日本全国を始め、世界数十カ国を旅しながら数千種類もの植物を収集してきた。現在、年間200t以上の植物をハンドリングする”プラントハンター”として活躍している。2012年には、植物素材を用いたプロジェクトを展開する”そら植物園”の活動をスタートし、多くの企業や行政機関などと企画したプロジェクトが各地で反響を呼んでいる。

会場では、植物の見せる摩訶不思議でドラマチックなビジュアルを堪能することができるのはもちろん、性質や名称、入手経路などにまつわる興味深い謂れも紹介されている。

中には、野ねずみすら捕食する巨大食虫植物、「火星人」の和名をもつ多肉植物、タイの王族が手掛ける植物園から拝領した超貴重種、いまだ学名が存在しない本邦初公開の交配種など、気になる一株も数多く展示されており、見て、知って、様々な角度から楽しめる展覧会となっている。

また建物1階のウインドウでは、展覧会の世界観とリンクした植物のディスプレイをあわせて楽しむことができる。なお会期中には、西畠自身によるギャラリートークやサイン会なども予定されている。

【イベント情報】
「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」
会 場:ポーラ ミュージアム アネックス
住 所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
会 期:8月16日まで
時 間:11:00~20:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:会期中無休
入場料:無料

銀座に植物園が出現!?摩訶不思議な希少種を集めた「ウルトラ植物博覧会」開催

《K.H》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top