桐谷美玲、世界配信Netflixの日本オリジナルドラマでランジェリー業界に“就職”

最新ニュース

「アンダーウェア」(C) フジテレビ
  • 「アンダーウェア」(C) フジテレビ
  • 桐谷美玲
世界50か国で会員数約6,200万人を誇り、今秋に日本上陸する世界最大のインターネット動画配信ネットワーク・Netflix。このほど、Netflixとフジテレビがタッグを組んだプロジェクトの第1弾となるオリジナルドラマ「アンダーウェア」の配信が決定。華やかなランジェリーメーカーを舞台に、女性たちの本音が詰まった“お仕事ドラマ”となる本作の主演を、桐谷美玲が務めることが明らかになった。

これまで、マーベル・コミック原作のヒーロードラマ「デアデビル」や、ウォシャウスキー姉弟監督によるSFドラマ「センス8」など数々のオリジナルドラマを制作・配信しており、そのクオリティの高さに定評があるNetflixが、日本オリジナルのコンテンツとして選んだのが、数々の名ドラマを世に送り出してきたフジテレビが制作する「アンダーウェア」。

すでに、世界配信(日程未定)も決定している本ドラマの制作に当たり、プロデューサーの関口大輔氏は、「尊敬するウォシャウスキー姉弟や、大好きなマーベル原作の連続ドラマと肩を並べてNetflixで世界独占配信をする作品に携われて光栄に思います。『アンダーウェア』は日本ドラマの良いエッセンスを抽出し、世界の視聴者に受け入れられるドラマを目指しています。素晴らしいキャストとスタッフを迎え、アメリカのドラマのような先の読めない展開や美しい映像を意識して制作しています」と意気込みを明かしている。

本作で桐谷さんが演じるのは、長野県で大学時代に繊維の研究をしていた“繊維オタク”の繭子(まゆこ)。ひょんなことから銀座にあるオーダーメイドの高級下着メーカー“emotion”で働くことになった彼女は、これまで自分が接したことがない価値観に戸惑い悩みつつも、周りに助けられながら成長していく、という等身大の働く女性だ。

トップ下着メーカーの「Triumph(トリンプ)」の全面協力というだけに、いままでほとんど語られることがなかったランジェリー業界の裏側や、女性が気になる下着についての「あるある」トリビアが満載。「リッチマン、プアウーマン」「失恋ショコラティエ」などを手掛けた脚本家・安達奈緒子が紡ぎだす、華やかな世界の裏に隠された女性たちの本音には、共感度100%ともいわれている。

桐谷さんの起用理由について、「世界中で視聴されることで、日本文化を知らない方がこのドラマで初めて日本を知るきっかけになることを考えました。そのためには日本の素晴らしさを伝えたい、日本人の美しさを伝えたいと強く感じました。この思いを演技で体現できるのは桐谷美玲さんしかいないと思い、アプローチしました。桐谷さんには現代の日本人女性の“凛とした美しさ”と“人としての成長の苦しみ”を演じていただきたいです」と、関口氏は期待を寄せる。

<桐谷美玲コメント>
女性にとって身近な存在であるランジェリーの世界を繊細に美しく、オシャレに、描いていて、台本を読めば読むほどワクワクしました。繭子にとっては思ってもいなかった世界での仕事。戸惑いつつも周りに支えられながら少しずつ成長していく繭子を等身大でまっすぐ演じていけたらと思います。繊維オタクで一生懸命な繭子をぜひみなさん応援してください!

日本第一弾のNetflixのドラマ、そして世界でも配信されるということでプレッシャーもありますが、日本のドラマの面白さをたくさんの方に伝えられればと、スタッフ・キャスト一丸となって撮影しています! 素敵な作品になると思いますので、楽しみにしていてください!

桐谷さんの新たな魅力が詰まった新たなスタイルのドラマに、引き続き注目していて。

「アンダーウェア」は今秋、Netflixにて独占プレミア配信(全13話)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top