【今週末公開の注目作】『インサイド・ヘッド』『HERO』『Mr.タスク』

最新ニュース

『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』 -(C)  2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 映画『HERO』-(C)2015フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 FNS27社
  • 検事室の麻木千佳(北川景子)映画『HERO』-(C)2015フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 FNS27社
  • 『Mr.タスク』(C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc. All Rights Resereved.
  • 『Mr.タスク』(C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc. All Rights Resereved.
ディズニー/ピクサーの新作や、木村拓哉主演の人気シリーズの映画化など、注目作が目白押しの今週末公開の作品の中から、シネマカフェ編集部がピックアップしたオススメの作品をご紹介。今週末、あなたはどの作品を観に行く?

■『インサイド・ヘッド』



11才の少女ライリーの頭の中に存在する5つの“感情”たち──ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。ライリーと共に生まれた彼らは、彼女を幸せにするために奮闘の日々。だが、ライリーを悲しませることしかできない“カナシミ”の役割だけは、大きな謎に包まれていた…。ある日、ライリーは住み慣れた街を離れ、友だちもいない見知らぬ土地で暮らし始める。不安定なライリーの心は、感情たちにも大事件を巻き起こし、頭の中の“司令部”からヨロコビとカナシミが放り出されてしまう危機的な状態に陥る…。

ディズニー/ピクサーの最新作『インサイド・ヘッド』が今週公開。『モンスターズ・インク』『カールじいさんの空飛ぶ家』のピート・ドクターが監督を務め、日本語吹き替え版キャストとして竹内結子(ヨロコビ役)と大竹しのぶ(カナシミ役)が、洋画アニメーションに初挑戦する。さらに主題歌は、ピクサー初のオリジナル書き下ろし主題歌として「DREAMS COME TRUE」の楽曲「愛しのライリー」が抜擢。宮崎駿も絶賛したという本作を、ぜひ週末に。

『インサイド・ヘッド』は7月18日(土)より全国にて公開。

■『HERO』



ある日、ネウストリア大使館の裏手の路上で、突然道に飛び出してきたパーティーコンパニオンの女性が車に跳ねられるという事故が起こり、不幸なことに女性は亡くなってしまう。東京地検城西支部の久利生公平検事(41)がその事故の捜査を担当することになる。事務官の麻木千佳(29)と共に事故を起こした車の運転手を取り調べていたところ、かつて久利生とコンビを組んでいた元城西支部事務官・雨宮舞子(38)が現れる。現在、検事になり大阪地検難波支部に勤める雨宮検事は、自身の担当している広域暴力団絡みの恐喝事件の重要な証人が、久利生が担当する交通事故の被害者女性だった為、城西支部を訪れたのだった。久利生の担当する事件は単なる交通事故ではない可能性が出てきたため、 久利生と雨宮の因縁の二人による合同捜査になることに…。

2001年放送ののTVドラマ第1シリーズで平均視聴率が30%を超え、2007年の映画第一弾では81.5億円を記録した大ヒットシリーズの映画化第二弾『HERO』。主演の木村拓哉をはじめ、今年7月クールに放送され全11回の平均視聴率21.3%を獲得したTV第2シリーズにて、久利生とのコンビぶりが好評だった元ヤン検察事務官・麻木千佳役の北川景子ら、おなじみのメンバーが登場。さらに、第1シリーズレギュラーメンバーの雨宮舞子役・松たか子が8年ぶり復帰するほか、久利生と対立する外務省欧州局長役を佐藤浩市が演じる。映画の上映にあわせて展開されるLINEスタンプや、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの展示、JR山手線ラッピング展開など、さまざまなコラボレーションもあわせて楽しみたい。

『HERO』は7月18日(土)より全国にて公開。

■『Mr.タスク』



あることがきっかけでセイウチに執心している謎の老人ハワード・ハウ(マイケル・パークス)は、人体をセイウチに改造することを長年夢みていた。親友のテディ(ハーレイ・ジョエル・オスメント)とともにポッドキャストを運営するウォレス(ジャスティン・ロング)は、その老人に取材を試みるのだが…。

衝撃の“セイウチ・ホラー・エンターテイメント”として話題の『Mr.タスク』も今週公開。コミック作家として人気を博すケヴィン・スミスが監督を務め、“セイウチ人間”と変貌してしまう主人公・ウォレスを『そんな彼なら捨てちゃえば?』『スペル』のジャステイン・ロング、老人・ハワード役をクエンティン・タランティーノ映画常連のマイケル・パークスが演じる。さらに、『シックス・センス』『A.I.』以来激変したハーレイ・ジョエル・オスメント、銀幕デビューを果たすジョニー・デップの愛娘リリー=ローズ・メロディ・デップ、そしてノンクレジットで酔いどれ探偵を演じるジョニー・デップなどのキャストも見どころ。『ザ・フライ』『ムカデ人間』に続く禁断の衝撃作をぜひ劇場で。

『Mr.タスク』は7月18日(土)より新宿シネマカリテ、渋谷シネクイント(レイト)ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top