ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』が来春公開へ! 主人公は“恐竜”

映画

『アーロと少年』(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『アーロと少年』(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • ジョン・ラセター-(C) Getty Images
ディズニー/ピクサーの自己記録を塗り替え、続編を除くピクサー・アニメーション映画で歴代1位の全米興行収入をたたき出し大ヒット中の『インサイド・ヘッド』がいよいよ7月18日(土)より日本公開される。そんな本作の公開を目前にして、早くもディズニー/ピクサーの最新作となる『アーロと少年』の全国公開が決定! 世界観を現したビジュアルも公開された。

はるか何千万年の昔、隕石が地球にぶつかり恐竜は絶滅したはずだった…。でも、もしも隕石が衝突しかなったとしたら? ――いまとはちょっと違った方向に進化し、そこは、絶滅をまぬがれ文明と言葉をもつ恐竜たちが、言葉をもたない人間たちと共存する地球。

『トイ・ストーリー』のおもちゃの世界、『モンスターズ・インク』のモンスターの世界に、『ファインディング・ニモ』の海の中の世界など、アニメーションならではのイマジネーションあふれる夢の世界を描いてきたディズニー/ピクサー。その長編第16作目となる本作が描くのは“恐竜”が絶滅していなかったら…という、『インサイド・ヘッド』に負けない“アイデア”と“壮大なスケール”で描かれる。

本作の主人公は臆病で甘えん坊の恐竜・アーロ。ある日、大好きな家族とはぐれてしまった彼は、言葉も通じない見たこともない生き物“人間の子ども(スポット)”と出会う。壮大な自然を舞台に、見た目も性格も正反対なひとりぼっち同士の2人の出会いから始まるのだ。

監督は『カールじいさんの空飛ぶ家』と同時上映された短編アニメ映画『晴れ ときどき くもり』や、『モンスター・ユニバーシティ』で5つ目のキャラクタースクイシー(スコット・スクイブルズ)の声の出演もしていたピーター・ソーン。製作は『カーズ2』のデニス・リーム、製作総指揮はウォルト・ディズニーとピクサー・アニメーション・スタジオズ両社のチーフ・クリエイティブ・ オフィサーであるジョン・ラセターが務める。

さまざまなアイディアで観る者を驚かせてきたディズニー/ピクサーが“頭の中”の次に描くのは“地球”。まだ誰も見たことのない世界を見せてくれるに違いない。

『アーロと少年』は2016年3月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top