【ディズニー】花火とプロジェクション・マッピングの新ショーに陶酔! 「ディズニーランド・フォーエバー」

最新ニュース

「ディズニーランド・フォーエバー」/カリフォルニア ディズニーランド・リゾー
  • 「ディズニーランド・フォーエバー」/カリフォルニア ディズニーランド・リゾー
  • 「ディズニーランド・フォーエバー」/カリフォルニア ディズニーランド・リゾー
  • 「ディズニーランド・フォーエバー」/カリフォルニア ディズニーランド・リゾー
  • 「ディズニーランド・フォーエバー」/カリフォルニア ディズニーランド・リゾー
  • 「ディズニーランド・フォーエバー」/カリフォルニア ディズニーランド・リゾー
  • 「ディズニーランド・フォーエバー」/カリフォルニア ディズニーランド・リゾー
  • 「ディズニーランド・フォーエバー」/カリフォルニア ディズニーランド・リゾー
  • 「ディズニーランド・フォーエバー」/カリフォルニア ディズニーランド・リゾー
米カリフォルニア州アナハイムの「カリフォルニア ディズニーランド・リゾート」では、開園60周年を祝うスペシャルイベント「ダイヤモンド・セレブレーション」が開催中だ。「ディズニーランド・パーク」では、花火とプロジェクション・マッピングが融合した新ショー「ディズニーランド・フォーエバー」が、パークの夜空をまばゆい光で彩っている。

そこで「ダイヤモンド・セレブレーション」を現地取材したシネマカフェでは、まったく新しいナイト・エンターテインメント、「ディズニーランド・フォーエバー」の魅力をレポート。まるでティンカー・ベルのピクシー・ダストのきらめきのように息を吹き返す、まばゆいプロジェクション・マッピングと花火の融合は、「ディズニーランド・パーク」が誇るイマジニアたちの創造力と技術の極み。他に類を見ないハイクオリティーの完成度だ。

■ 鑑賞エリアによって新たな発見とサプライズがあるまったく新しいショー

「ディズニーランド・フォーエバー」は、鑑賞エリアによって受ける印象が変わるショーだ。エントランスを抜けた直後に広がる「メインストリートUSA」で鑑賞すると、周囲に映し出される映像や色に命が吹き込まれていくオリジナルのショーが体験できる。一方、「イッツ・ア・スモールワールド」や「リバー・オブ・アメリカ」の近くでは、まったく異次元のショーを体験可能。鑑賞エリアによって新たな発見とサプライズがあるショーだ。

■ ポイントは7個のストーリー展開 ディズニーの人気作品が続々と登場!

また「ディズニーランド・フォーエバー」は、7個のストーリー展開もポイント。ピーター・パンが登場する「オープニング」で始まり、『塔の上のラプンツェル』などの世界を表現する「クラウド(雲)」に続いて、くまのプーさんが変幻自在な夢の世界へ誘う「エンチャンテッド・プレイス(魔法の世界)」に続く。その後カラフルな映像世界の「ザ・ジャングル」は、『ライオン・キング』などモチーフにした内容で、『リトル・マーメイド』などの「ザ・シー(海)」へバトンタッチ。やがて『アナと雪の女王』のエルサの魔法の力で氷の城が登場する「スノー(雪)」を経て、壮大な「ダイヤモンド・ファイナル」で終幕する。

■ 無数のスペシャル・エフェクトを駆使! パーク全体がショーの舞台になる!

花火とプロジェクション・マッピングが融合した「ディズニーランド・フォーエバー」は、2013年の秋より制作がスタート。霧やレーザー、スポットライトなどの無数のスペシャル・エフェクトを駆使するショー構成で、17個ものプロジェクターを「メインストリートUSA」に設置してイマジネーションを現実化する。また、25個のビデオプロジェクターもパーク全体に配置。60周年を盛大に祝うため、パーク全体がショーの舞台となっている。

■ 今年は初めてあの人気ディズニー・キャラクターが空を泳ぐ! その正体は…!?

ディズニーランドと花火の歴史は古く、1956年、ディズニーランドのミュージカルのサウンドトラックと一緒に「ファンタジー・イン・ザ・スカイ」がスタート。1961年にはティン・カーベルが、眠れる森の美女の城の上空を飛び回るシーンがデビューした。以降、『メリー・ポピンズ』や『ダンボ』など空を舞うディズニー・キャラクターが、ショーに登場している。今年は初めて『ファインディング・ニモ』に登場するニモが、空を泳ぐことに!

「カリフォルニア ディズニーランド・リゾート」60周年記念イベント「ダイヤモンド・セレブレーション」。まさしくディズニーランドの永遠を感じる新ショーを体験してみて!

「カリフォルニア ディズニーランド・リゾート」日本語サイト:www.disneyland.jp

As to Disney photos,logos,properties:(C) Disney

協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top