『ジュラシック・ワールド』クリス・プラット、14歳から “ジュラシック”マニア?

映画

クリス・プラット/『ジュラシック・ワールド』 - (C) Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • クリス・プラット/『ジュラシック・ワールド』 - (C) Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 『ジュラシック・ワールド』 - (C) Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • クリス・プラット/『ジュラシック・ワールド』 - (C) Universal Pictures
  • 『ジュラシック・ワールド』 - (C) Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • クリス・プラット/『ジュラシック・ワールド』 - (C) Universal Pictures
  • クリス・プラット/『ジュラシック・ワールド』 - (C) Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • クリス・プラット -(C) Getty Images
あの『ジュラシック・パーク』から22年、予期せぬトラブルにより開業までには至らなかった地球史上最大のテーマパークがついにオープンし、圧倒的な迫力を見せつける『ジュラシック・ワールド』。本作で主人公となるヴェロキラプトルの“調教師”、オーウェン役に抜擢されたクリス・プラットが、実は彼自身も大の“ジュラシック”マニアであることが明らかになった。

3度のアカデミー賞受賞歴を誇るスティーヴン・スピルバーグが世に送り出した名作『ジュラシック・パーク』の物語のその後が、22年の時を経て、ついに語られることになる本作。全世界で、公開1週目にしてオープニング歴代興収1位(5億2,410万ドル)という歴史的大記録を叩き出し、スタートダッシュを切った本作は、公開から24日間という史上最速の速さで全米興行収入5億5千万ドルを突破。現在は全世界興行収入13億8,344万ドルを超え、あの『アナと雪の女王』を抜いて歴代興行収入第6位にランクインするなど、大記録を続々と打ち立てている。

この超大作を率いる主人公オーウェン役に選ばれたのが、マーベルの大ヒット作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のスター・ロード役も記憶に新しいクリス・プラットだ。本作の製作総指揮を務めるスピルバーグは、そのキャスティングをふり返り、「当時クリスは人気TVシリーズに出演していたが、彼を主役に起用するのは安全な策ではなかった。彼の才能は認めていたし、コリン(・トレボロウ監督)も彼を信頼していたが、それでもリスクがあった。もちろん、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が公開されたときには、自分たちには見る目があると思ったよ。あの映画を作ったのは私たちじゃないにも関わらずね」と、率直にその胸の内を語る。

さらに、スピルバーグは、プラットのスクリーンテストを見て感心したという。「クリスは素晴らしい俳優で、スクリーン上で存在感が強い。ユーモアのセンスが抜群でチーム・プレーヤーでもある。今後のキャリアで成功を収めるだろう」と語り、プラットがスクリーンから発する“カリスマ性”にも触れる。

『ジュラシック・パーク』の大ファンと言うプラットは、1993年の公開時、町の小さな劇場でこの映画を見たときのことを、監督と同じようにいまでも鮮明に記憶しているという。

「当時、僕は14歳で多感な年ごろだったから、ちょうどいい時期に見られたと思う。本当に衝撃を受けたよ。科学と想像の世界がうまく融合し、サスペンスにあふれ、美しい映像と見事なストーリーが存在していた。まるで、僕の目の前で映画というものが改めて発明されたかのようだったよ。映画が素晴らしいものだと気づいたのも、そのときだ。完全に『ジュラシック』マニアだったし、同じ週末に劇場で2回見た。その後の6カ月間は、空想の恐竜から逃げ回って過ごしたよ」。

プラットはオーウェンの持つ精神力の強さ、個性、決断力に魅力を感じたが、撮影の間はコメディアンの気質を抑える訓練をしなければならなかったという。「オーウェンはストイックで行動力があり、ふざけた面が全くない男だから、僕には難しかったよ。僕には生まれつきおどけた部分があるから、シーンに挑む前に封印するよう自分に言い聞かせる必要があったんだ」と、撮影での苦労(?)をお茶目に明かす。

クールな風貌に見えても、小児病院を度々訪問するなど人を楽しませることが大好きで、カリスマ性やユーモア、温かさを兼ね備えたクリス・プラット。誰よりも“ジュラシック”の世界を愛する彼の活躍に、ぜひ注目してみて。

『ジュラシック・ワールド』は8月5日(水)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top