【最新CM考】堤真一×綾野剛、豊川悦司×妻夫木聡…気になる夏のバディたち 

最新ニュース

堤真一&綾野剛&妻夫木聡&豊川悦司
  • 堤真一&綾野剛&妻夫木聡&豊川悦司
  • 堤真一
  • 綾野剛
  • 豊川悦司
  • 妻夫木聡
  • 西島秀俊
  • 吉田鋼太郎
  • 勝地涼
野村萬斎と宮迫博之が元・お笑いコンビの“バディ”となり、さまざまな事件解決に挑んでいく『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の製作が発表された。また、幕末を描いた杉浦日向子の原作漫画の映画化『合葬』の柳楽優弥×瀬戸康史、「デスノート」の原作コンビ・大場つぐみ×小畑健の傑作漫画を実写映画化した『バクマン。』の佐藤健×神木隆之介、さらに、厳密にはバディとはいえないが、究極のライバルでありながら第4話で“一緒にシャワーを浴びた”仲でもある、ドラマ版「デスノート」の窪田正孝×山崎賢人など、今年もアツい絆で結ばれた名コンビが注目を集めている。今回は、CM界にも続々と登場する、夏男たちのバディに迫った。

まず、2015年上半期CM好感度No.1(CM総合研究所調べ)のau「三太郎」シリーズや、同2位のおなじみSoftBank「白戸家」シリーズ から水をあけられた形だったNTTdocomoからは、堤真一×綾野剛という世代を代表する演技派がタッグを組んだ「得ダネを追え!」シリーズが話題となっている。「特ダネ」ならぬ「得ダネ」を追う2人は、“仕事一筋”の新聞記者に扮しており、意外にも本CMが初共演。



現在、「リスクの神様」で危機管理のスペシャリストとして16年ぶりに連続ドラマ主演を務めている堤さんは、同ドラマ内では「V6」森田剛とコンビに。また、綾野さんもこの秋話題の超大作『天空の蜂』(9月12日公開)で、江口洋介×本木雅弘に挑む“天空の蜂”と名乗る謎の男を怪演。『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』(8月29日公開)では、向井理との名コンビが復活する。堤さんは、『海街diary』で見せる優しさとずるさを兼ね備えた柔和な大人の男とは180度違う野性味にあふれており、同じ“匂い”を醸し出す綾野さんとの師弟コンビにはドキドキ。映画やドラマでも、この競演を見てみたくなる。

そして、同じく30代と50代の組み合わせで贈るのは、妻夫木聡×豊川悦司による「サッポロ生ビール黒ラベル」の「大人エレベーター」シリーズの新CMだ。これまで、さまざまな先輩の人生観や俳優論に触れてきた妻夫木さんは、シリーズ第22弾となる今回、『ジャッジ』ではどうしようもない上司を演じていた豊川さんと共演。豊川さん×黒ラベルといえば、2000年、山崎努とタッグを組んだ「LOVE BEER?」シリーズ(監督:中島哲也)で白熱の温泉卓球やカラオケ、金魚すくい、雪合戦などを繰り広げ、一世を風靡した。

14 年を経て本CMに帰ってきた豊川さんは妻夫木さんに、俳優について、女性について、親友について、『娚の一生』の海江田教授さながらに、しっぽりとシブさいっぱいに語っており、「正直に言うけど、女性の人はすべて好きです」と驚愕のオトナ発言も飛び出している。

大人といえば、大の男2人、西島秀俊×吉田鋼太郎が、そろいもそろって明日のランチに食べたいものを言い出せない、日清ラ王の「食べたい男」シリーズが夏の冷やし中華バージョンとなっている。「MOZU」では敵同士だった西島さんと吉田さんは、義理の親子役。浴衣×縁側×花火という最強の“夏の夜”布陣ながら、どこか物悲しいこのCM。果たして、2人が冷やし中華を食べられる日は来るのだろうか…。



ユニークなコンビなら、「プロミス」の異色デュオを演じている勝地涼×柄本時生も外せない。実写ドラマ「ど根性ガエル」の「五郎」×「モグラ」コンビでもある2人の新人ユニットは、街角でのストリートライブなどを経て全国ツアーをするまでに成長!? 彼らを見守る事務所社長役の谷原章介、マネージャー役の森カンナとのかけ合いもおもしろく、続きが気になるところだ。



かけ合いといえば、こちらも異色コンビといえる「V6」岡田准一×石橋貴明の「UL・OS(ウルオス)」シリーズ。2人の息の合ったやりとりは笑いを誘うが、「泡ウルオス」篇では岡田さん、石橋さんの泡まみれのシャワーシーン(!)だけでなく、そろって軽妙なダンスを披露しているのも要チェックだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top