『ピッチ・パーフェクト 2』&『私たちのハァハァ』が課題に!高校生翻訳コンテスト

最新ニュース

第1回高校生字幕翻訳コンテスト
  • 第1回高校生字幕翻訳コンテスト
  • アルク
 アルクは、課題映画の翻訳文を応募するコンテスト「第1回高校生字幕翻訳コンテスト」を9月18日まで実施している。過去18回にわたって開催してきた「字幕翻訳コンテスト」の特別企画で、19回目の今回は高校生と高専生の応募に限られる。

 コンテストは洋画部門と邦画部門に分かれており、洋画部門は課題映画「ピッチ・パーフェクト2」の課題シーンの英語のセリフを日本語に、邦画部門は課題映画「私たちのハァハァ」の課題シーンの日本語のセリフを英語にそれぞれ翻訳してオンラインで応募する。両方に応募することも可能だが、応募は1部門につき一人1回となる。

 コンテストの審査は、日本映像翻訳アカデミーの担当スタッフが行う。同校が全国の大学や高等学校、中学校、小学校で実施した字幕翻訳体験授業や体験研修において、映像の翻訳が学生、生徒、児童の英語学習意欲を高めると実感したことから、今回の高校生と高専生対象のコンテスト開催へとつながった。

 最優秀賞はタブレット端末「DynaBook Tab S50」、書籍「改訂版キクタン【Super】12000」、図書カード3万円分と賞状、優秀賞は電子辞書「カシオ エクスワード高校生向けモデルXD-K4800」、書籍「改訂版キクタン【Super】12000」、図書カード1万円分と賞状がそれぞれ各部門1名ずつに授与される。奨励賞は各部門につき10名に、課題映画「ピッチ・パーフェクト2」「私たちのハァハァ」の劇場鑑賞券、書籍「はじめての映像翻訳」が用意されている。

◆第1回高校生字幕翻訳コンテスト
応募期間:7月17日(金)~9月18日(金)の23:59まで
応募対象:高校生・高専生。学校、クラス、クラブ単位での応募も可能。
部門:
洋画部門(英語から日本語への翻訳) 課題作品「ピッチ・パーフェクト2」
邦画部門(日本語から英語への翻訳) 課題作品「私たちのハァハァ」
※開催期間中は課題映像をいつでも鑑賞できる。
応募方法:要項にある「字幕作りのルール」を確認のうえ、オンライン上の応募ページより応募する。スマートフォン、タブレットからの応募も可。応募は1部門につきひとり1回まで。
審査結果発表:10月初旬予定に応募ページ、日本映像翻訳アカデミーのツイッターやフェイスブックにて発表

【夏休み】映画の翻訳力を試そう…高校生字幕翻訳コンテスト

《富田量》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top