有村架純、ノーメイク、ボサボサ髪で臨んだ初の連ドラ主演作に手応え!

最新ニュース

有村架純/「海に降る」クランクアップ報告会見
  • 有村架純/「海に降る」クランクアップ報告会見
  • 有村架純/「海に降る」クランクアップ報告会見
  • 有村架純/「海に降る」クランクアップ報告会見
  • 山本剛義監督/「海に降る」クランクアップ報告会見
  • 有村架純/「海に降る」クランクアップ報告会見
  • 有村架純/「海に降る」クランクアップ報告会見
  • 有村架純/「海に降る」クランクアップ報告会見
  • 有村架純/「海に降る」クランクアップ報告会見
WOWOWの連続ドラマW「海に降る」のクランクアップ報告会見が7月31日(金)、物語の舞台であり、撮影も行われた海洋科学に関する研究を行う「JAMSTEC(海洋研究開発機構)」横須賀本部にて行われ、主演の有村架純、山本剛義監督らが出席した。

有人潜水調査船「しんかい6500」の誕生25周年を記念して製作され、JAMSTECの全面協力を得て撮影が進められた本作。「しんかい6500」初の女性パイロットの候補生である天谷深雪が、亡き父の遺志を継ぎ“深海の宇宙”の探索を夢見て訓練を重ね、成長していくさまを描く。

有村さんは、本作で満を持して連続ドラマ初主演を果たすが「不安はありましたが、台本を読んで、素敵な作品に出合えた嬉しさの方が大きかった」と語る。さらに「私の好きな映画は『アルマゲドン』なんですが、すごくリンクするところがあり、日本や世界の未来を背負っている機関ということで似ているなと燃える気持ちがわき上がってきました!」とも。

撮影では、実際に「しんかい6500」などの潜水調査船も使用されており、有村さんも船内でのシーンに臨んだが「(船内に)入ってみると、3人しか乗れない小さな空間で、深海に潜るまで、8時間も過ごさないといけないそうですが、圧迫感、閉塞感がありました。ドラマの中で深雪も恐怖を感じるんですが、実際に怖さがあったし、不思議な空間でした」とふり返った。

有村さんは深雪の人物像を「男性社会の中できちんと立っていたい女性。『ナメられたくない!』という決意を持っている」と分析する。演じる中で「ずっとモヤモヤしていて、すっきりしない日が何日かあったんですが、ある人から『それは深雪として感じているモヤモヤなんじゃないの?』と言われて、きちんと深雪として生きられているから残っているモヤモヤなんだと気づき、見える世界が変わりました」と手応えを感じたよう。役作りについて「『女だ』と意識するのをやめました。人として対等に立っていたい女の子なので、私も自分が女だと意識せず、撮影中はメイクも全然してなくて、髪も整えることなくボサボサで、外見を気にせずにいました」と明かすなど、これまで見せてきた姿とは違う有村さんの姿が拝めそうだ。

撮影を通じて「まだまだ知らないことがたくさんあるんだなと勉強させていただきながら撮影していました。視野が広がったと思います」とも。「ロマンあふれる作品になっていると思います!」と完成に向けて自信をうかがわせた。

「連続ドラマW 海に降る」は10月10日(土)より放送開始(毎週土曜夜10:00/全6話[第1話無料放送])。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top