ピース・綾部祐二、「37.5度の涙」で父親役に!「ハリウッドを目指す第一歩」

最新ニュース

家事がわからない伊藤敬二(綾部祐二)に振り回される杉崎桃子(蓮佛美沙子)/「37.5度の涙」-(C)TBS
  • 家事がわからない伊藤敬二(綾部祐二)に振り回される杉崎桃子(蓮佛美沙子)/「37.5度の涙」-(C)TBS
  • 水野美紀&成宮寛貴&蓮佛美沙子&速水もこみち&藤木直人/「37.5度の涙」-(C) TBS
蓮佛美沙子を主演に迎え、成宮寛貴、速水もこみち、藤木直人、水野美紀ら豪華キャスト陣が集結し話題を呼ぶ木曜ドラマ劇場「37.5度の涙」。この度、8月6日(木)放送回に、「ピース」綾部祐二が初の父親役でゲスト出演することが分かった。

「月刊Cheese!(チーズ!)」で大好評連載中の椎名チカ著の人気同名漫画を実写化した本作。体温が「37.5度」を超え、保育園から“お迎えコール”がかかった子どもたちを、働く親に代わってサポートする病児保育士の奮闘を描いており、蓮佛さんは、新米の病児保育士・杉崎桃子を熱演している。

今回、綾部さんは妻が入院して不慣れな家事に混乱する伊藤敬二役として出演。娘の春奈(中村美乃莉)が熱を出し、杉崎桃子の世話になるという役どころだ。

綾部さんは共演した蓮佛さんについて「蓮佛さんは24歳くらいだとお聞きしましたが、引き込まれるような魅力をお持ちの方で、僕の大好きな熟女のような包容力と若さの両方を兼ね備えていて、もう場数が違うという雰囲気でした」と絶賛。

さらに自身の役どころに触れ、「初めて父親役をいただいて、僕もそんな年齢になったのかなと思いました。まだ独身ですが4歳の姪っ子がいて娘役の美乃莉ちゃんとちょうど同じくらい。パパごっこじゃないですけど合間に少しだけ遊べて楽しかったです」と感想を述べると「ちょっとダメな父親役なのである意味やりやすかったところもありますが、芸人がやりすぎるとコントになっちゃうのでナチュラルを心がけました。でもいま思うと、もうちょっと面白くやっても良かったですかね(笑)」と撮影をふり返った。

先日、芥川賞に輝いた相方の又吉直樹へと話が及ぶと「コンビで片方がバーンと上がる(売れる)ことはよくあることですが、僕の場合は相方がもうどこへ行っちゃったんだっていう感じ(笑)。2人とももちろん芸人ですから、笑いという仕事がメインであるうえで相方が作家なら僕は俳優で頑張って、最終的には“ハリウッドを目指す”って言っています。『37.5度の涙』の出演もその大きな一歩。まずは日本でアカデミー賞をいただいて相方に並んで、世界のアカデミー賞で追い越せです」と芸人らしく笑いで現場を和ませた。

「37.5度の涙」は毎週木曜日21時よりTBSにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top